パブリックドメイン
古代中国の名医「扁鵲」の神業(4)

神医 扁鵲 秦王を叱責する

古くから「治は国を治めるに似たり」と言われ、儒学者は「良医にならざれば」という願いを持っていました。当然、扁鵲は一国を統治する方法をよく理解していました。 また、彼はまっすぐな性格の人物でした。

ある時、秦の武王が病気になり、有名扁鵲を呼んで治療をさせました。 武王は、扁鵲に自分の病気のことを話し、治療を依頼しました。

しかし、武王の大臣たちは慌てて、「王の病気は耳の前と目の下にあり、扁鵲では治せないかもしれない」と言って、武王を説得しました。何かあったら、武王は耳も目も失ってしまうからです。

それを聞いた扁鵲は怒り、病気を治すために使う石を投げて、武王に言いました。「王は、病気を治す方法を知っている人に相談したいのに、病気を治す方法を知らない人に邪魔をさせているのだ。もしあなたが同じように国を統治したら、あなたの国は滅びるだろう」 秦の武王はこれを聞き、扁鵲に病気の治療をさせました。このような大胆さをもつ扁鵲は、神仙に選ばれ、弟子として治癒の技術を伝えるのにふさわしい人物でした。

しかし、扁鵲の旅は彼の死をもたらしました。秦の医師である李醯は、自分が扁鵲に劣っていることを知り、嫉妬して扁鵲を殺させました。これは、司馬遷の『史記﹒扁鵲倉公列傳』にも書かれており、司馬遷は深い遺憾の意を表しています。

何千年もの間、「神医」として人々に愛され、崇められてきた扁鵲。 彼が旅した4千マイルの道のりに、人々は墓を建て、記念碑を建て、寺院を建て、彼を崇拝してきました。扁鵲は、何世代にもわたって人々から尊敬されていたのです。

(翻訳・井田)