(kei.channel / PIXTA)

「若さの源は食事」7種の食物で最強アンチエイジング

食事は、生命を維持する上で、最も基本となる営みです。

誰しも、健康で、その年齢に添った若さを保つことを願っていますが、そのためにも理にかなった良質な食生活を心がけることは欠かせません。

ここでは、人間が健康であることを大前提とし、その上での老化防止、つまりアンチエイジングを意識した食物についてご紹介したいと思います。

最強の「老化防止食品」7種

以下の7種類の「超栄養食品」が、あなたのアンチエイジングを助けます。

ただし、これが全ての人に適合しているわけではありません。あなたにとって最も有益な食べ物は何かを知った上で、適宜選択しながら試してみてください。

1、ホエー(乳清)
ホエーは、人体の抗酸化物であるグルタチオンの貯蔵量を高めることができます。

グルタチオンの量を増やす最善の方法は、人体の細胞がグルタチオンを合成するために必要な原料である食物(動物性食品や卵など)を多めに摂取することです。なかでも、最も有効な方法はホエーのタンパク質を摂取することです。

2、有機卵
鶏卵は非常に栄養のある食べ物ですが、特に、自由に放し飼いにした鶏の有機卵を食べることをお薦めします。卵白だけでなく、卵黄をふくめた全卵を食べてください。

3、緑の葉野菜
ほうれん草ケールなど、緑の葉野菜には、フリーラジカルによるダメージに対抗する酸化物が豊富に含まれており、がんなどの慢性疾患を予防してくれます。

緑の葉野菜には、ベータカロチン、ビタミンC、スルフォラファンなど抗がん効果のある抗酸化物も含まれています。研究によると、ほうれん草の葉酸は短期記憶を大幅に改善することができます。

葉酸を多く含む食品を食べると、DNAの損失速度が遅くなり、心臓病やがんのリスクが低下します。

4、ブロッコリー
ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどアブラナ科の野菜を多く食べると、4種のがん(乳がん、膀胱がん、肺がん、前立腺がん)のリスクが大幅に低下します。

5、ブルーベリー
ブルーベリーは抗酸化物質が豊富で、細胞および脳機能に有害なフリーラジカル分子を体内で中和するのに役立ちます。

特に、ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、老化の大きな要因である酸化ストレスに対抗します。

6、クロレラ
クロレラの最も重要な効果の一つは、体内の重金属毒素を除去することです。
ほとんどの人の体は、多かれ少なかれ重金属の被害を受けます。

もしあなたがワクチンを接種したことがあったり、むし歯の治療でアマルガムを充填したことがあるまたは、魚をよく食べているならば、体内に重金属が蓄積し、それがあなたの健康を侵している可能性があります。

こうした水銀などの重金属を体外へ排出するために、クロレラを補給することが特に重要です。

7、ニンニク
ニンニクは抗細菌、抗ウイルス、抗真菌の3種類の作用が一体化した抗感染特性を有しています。とりわけ、ニンニクに含まれるアリシンは、強い匂いと味を出しますが、実は非常に強力な抗酸化物質です。

ニンニクは血管の拡張にも役立ち、血流をスムーズにしますので、高血圧や心筋梗塞、脳卒中などの重大な疾病を予防します。

ニンニクを食べる最善の方法は、新鮮なニンニクの一片を刻んだり、つぶしたりした後、数分待ってアリシンに変えてから食べることです。缶詰のニンニクニンニクパウダー、乾燥ニンニクの健康効果は、新鮮なニンニクには劣ります。
 

老化防止「第1のコツ」はインスリンの管理

さて、アンチエイジングの究極の秘訣は何でしょうか。
それは「自身のインスリンを適切に自己管理すること」です。

インスリンは、間違いなく老化の大きな推進力となります。したがって、あなたが毎日の食事でとる穀物や砂糖を少なめにするだけで、体内インスリンを健康な状態に保つことができるのです。

このことを把握した上で、バランスの取れた栄養摂取とアンチエイジングに効果的な天然食品をとれば、あなたの健康はかなり理想的な状態に近づくことができるでしょう。

そのほか、インスリンをコントロールするための優れた方法である運動プログラムも、ぜひ取り入れてください。それが何よりの老化防止、あなたのアンチエイジングになるはずです。

(文・Joseph Mercola/翻訳編集・鳥飼聡)