(Shutterstock)

中絶はしない!3つ子の娘を育て上げた強きシングルマザー

どの国でも、シングルマザーが3つ子の娘を一人で育てるのは容易ではありません。しかし、インドの田舎で、アルコール依存症の夫と離婚し、近所の人々から嘲笑されるという大きなプレッシャーにもかかわらず、自分の生きる権利を守るために勇敢に立ち上がり、医師からは中絶を勧められながらも、3つ子の娘を一人で育てることを選んだ、ある素晴らしい母親の物語があります。
 
「娘たちは私の力です」とインド北部のラジャスタン州ガンガナガルに住む助産師のジャスビル・カウアーさんは大紀元時報に語っています。「私には後悔もなければ、心の重荷もありません。 もし中絶をしていたら、罪悪感で死んでいたかもしれません」

ジャスビルさんは1995年に結婚しましたが、すぐに夫がアルコール依存症であることがわかりました。 結婚から数ヵ月後、彼女は26歳で妊娠しました。 妊娠3カ月頃に超音波検査を受けたところ、医師から「女の子の三つ子です」と告げられました。

「姉は応援してくれましたけど、夫は全然応援してくれませんでした」と、三つ子の女の子を妊娠していることを知った時のことを振り返り、「当時は医師が胎児の性別を言うのですが、今では禁止されています」と語りました。

三つ子を出産した人にまだ会ったことがなかったので、最初はショックで怖かったそうです。

ジャスビルさんは実家の母親に支えられていましたが、医師の言葉が耳に残っていました。「将来の経済や結婚生活のために、すぐに中絶したほうがいい」と。

「その医師自身も女性でしたが、彼女の考えには驚きました」とジャスビルさんは語りました。「私は腹を立てています。これは大きな罪だと思います。彼女たちは無実の小さな生き物で、まだ生まれておらず、世界を見てもいないのに、ゴミ箱に捨てられるわけにはいきません」

「以前、病院で働いていたときに、赤ちゃんを中絶する様子を観察していました。完全に形になった赤ちゃんがバケツに投げ込まれていました」

当時、ジャスビルさんの住んでいた地域では、1人の女の子を産むことでも嫌がられていました。3人の女の子を産むことはなおさらです。 彼女の夫の家では、3代にわたって女の子が1人も生まれておらず、彼女は「中絶するか、家を出るか」と言われました。

しかし彼女は、もし中絶をしたら、静かな生活が送れなくなることを知っていました。 彼女は信仰と実家の家族に支えられて、夫の家を出ることを選びました。

お腹が膨らんだ体を見知らぬ人にからかわれることもあったそうです。 しかし、母や兄、義姉は「きっと乗り越えられるから」と言ってくれました。

ジャスビルさんは、神様が彼女に信念と勇気を与えたのではないかと考えています。 彼女は、娘が健康で生まれてくるように、神様に祈ったようです。 彼女は「私はそれだけを望んでいました」と振り返ります。


1996年12月3日、パンジャブ州で、サンディープ、マンディープ、パルディープという美しい三つ子が誕生しました。 しかし、ジャスビルさんの人生は実に困難で、多くの課題に直面していました。

当初、彼女は2人の娘を連れてラジャスタン州に行き、生活のために仕事を続けていました。 一方、3番目の子供はパンジャブ州の母親のもとに残りました。 彼女が一人で対処できるようになると、3人目の子どもを連れて行きました。

「家族全員の面倒を見なければならないので、看護師の仕事を続けなければなりませんでした」と彼女は言います。「私の収入は非常に貧弱でしたが、娘たちを学校に通わせなければなりませんでした。しかし、子供たちを良い名門校に通わせる余裕はありませんでした」

しかし、たゆまぬ努力と偉大な母の愛が功を奏し、三つ子は成長しただけでなく、24歳になった今では、母と同じように自立し、強く、自信を持っています。

パンジャブ州でメイクアップアーティストをしているマンディープは、いつかボリウッドに入ることを夢見ています。ホテルマネジメントを学んだパルディープは、現在5つ星ホテルでインターンをしています。そして、母親の跡を継いだマンディープは、看護師の学位を取得しようとしており、現在、母親と一緒に住んでいる「FRHS India」というNGOで看護の仕事をしています。

ジャスビルさんは、娘たちの成功が全てを物語っていると言いました。 彼女の住んでいるコミュニティでは、もし彼女たちが別の家庭に生まれていたら、こんなに成功できなかっただろうと口々に言います。

サンディープはThe Better Indiaに、「全ては父と母の両方を演じてくれた心優しい母のおかげです」と語っています。

「すべては私の心優しい母のおかげです。彼女は私たちに何の制約も与えませんでした」とサンディはベター・インディアに語りました。「彼女は父と母の両方を演じてくれました。彼女は私たちが何かを失っているように感じさせることはありませんでした」

何十年ものキャリアを経てきたジャスビルさんは引退しますが、助産師として、女性として、そして母親として得た大きな尊敬の念は、人生の次の段階へとつながっていくでしょう。

「人々は彼女らを尊敬している」と彼女は大紀元時報のインタビューで娘について語り、「今日、私は彼女らのおかげで尊敬されている」と語っています。 

「娘たちの人生を終わらせるのではなく、愛し、教育し、育てること。 あなたの愛を与えれば、あなたも彼女らの愛を受け取ることができます。 あなたの家に太陽の光と美しさをもたらしてくれるでしょう」

(翻訳 源正悟)