信仰が人生をつくる:湖中央橋で英語を学ぶ若い学生たち

成功は空から降ってくるものではなく、努力と自己鍛錬から生まれるものです。 長年、私は中国の天津で知られた台湾のビジネスマンの招待で講演する機会がありました。講演が終わった夜、接待スタッフが夕食の後、散歩がてら私を近くの「天津南開大学」に案内してくれました。
2024/02/14 戴晨志

共産主義が最も恐れるのは「神への信仰」=米下院中国委員長

米議会下院中国特別委員会のマイク・ギャラガー委員長は1日、共産主義の究極の敵は資本主義でも民主主義でもなく「神への信仰だ」と述べた。
2024/02/02 Eva Fu

「真の美に触れた」哲学者、神韻公演を称賛

「とても感動的でした。美しく、壮大なパフォーマンスに深く心を動かされました」。哲学学者であるフィリップ・ブロッサー教授は神韻芸術団の公演を鑑賞し、その美しさに驚嘆したと語った。

神韻は伝統文化を広める使者 フランス大学教授を魅了させた舞台芸術

「この舞台は紛れもなく中国文化の証であり、中国伝統文化を世界に広める最高の使者です。なんと麗しいことでしょう」フランスの有名大学で教鞭を執る傍ら、同国最大手の携帯キャリアでプロジェクトマネージャーを務めるシルヴァン・アルニ氏は、こう賛辞を送った。
2023/11/20 張妮

「死亡はただの幻覚?」有名な科学者:人間は本当に死ぬことはない(下)

アレグザンダー博士は養子として育ち、養父も有名な神経外科医です。目覚めてから数カ月後、彼の姉キャシーから、亡くなった妹ベッツィの写真が添付されたメールを受け取りました。
2023/06/16 Chris Ford

17番目の赤ちゃんを迎えた米夫妻は「幸せだ。苦労ではない」

現代社会において出生率が低下している中、アメリカ・ノースカロライナ州の夫婦は異彩を放っています。先日、17番目の赤ちゃんを出産したばかりで、彼らは家族の伝統を守り続けています。その伝統とは、すべての子供の名前を「C」で始めることです。

進化論―ひとつの誤った信仰(5)

地球上において、このような周期的な災難と異変を証明する根拠は多いです。シベリアの凍土の中に、多くの凍った哺乳動物の遺骸が発見されました。 そのうち、完全な遺骸もあり、樹に挟まって砕けた遺骸もあります。遺骸の胃袋を検査したところ、食べたばかりのまだ消化されていなかった草さえ入っていました。
2023/03/19 曹凱

8人の子供を家庭教育する母「子供の成長の『奇跡』を身近で感じた」

サウスカロライナ州(South Carolina)北部の家庭農場に暮らす女性は、6人の子供を産んだほか、2人の子どもを養子に迎えました。この8人の子供はみな家庭内で教育しています。彼女は、子供たちの成長を目の当たりにして「奇跡だ」と言っています。

聖ジョージの竜退治の伝説(2)

過去に、臆病な王が竜を容認した結果、全ての家庭の子供が犠牲になってしまい、民族全体が滅亡してしまいました。今、同じ運命が王にも訪れました。絶望した王は仕方なく自分の王女を城門の外へ送り出しました。 そこに、たまたま通りかかったジョージが、泣いている王女を見つけ、足を止めました。王女は「善良な若者よ、ここから馬に乗って逃げなさい。さもないと、あなたも私のように死ぬことになりますよ」と、ジョージに警告しました。
2023/02/25 章閣

韓国に集団亡命したキリスト教信者ら、中国に強制送還の恐れ

2019年に中国当局の宗教弾圧から逃れるため、韓国の済州島(チェジュ島)に渡った中国のキリスト教信者60人が、中国に強制送還されるという問題に直面している。
2022/01/26

中絶はしない!3つ子の娘を育て上げた強きシングルマザー

どの国でも、シングルマザーが3つ子の娘を一人で育てるのは容易ではない、しかしインドで離婚した女性が医師からは中絶を勧められながらも、3つ子の娘を一人で育てることを選んだという素晴らしい母親の物語がある
2021/11/23

トルストイ寓話から「金銭を前にして、二人の兄弟が選んだもの」

ロシアの大文豪レフ・トルストイは、『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など世界史上に輝く名作を遺しました。 長編小説のほかに、トルストイは数多くの有名な寓話物語を著しています。
2021/11/11

「コロナ追っ払った117歳と105歳」その強さの秘訣は

117歳の修道女アンドレさんは、現在のところ世界第2位の長寿の人。 新型コロナウイルスに感染しましたが、見事ウイルスを撃退しました。
2021/08/05

日本の法輪功学習者やウイグル人を妨害する中国大使館=米国務省が報告

米国務省はこのほど、信仰の自由に関する国際報告書を発表した。日本に関する項目では、日本在住の法輪功学習者やウイグル人が、中国大使館から妨害や脅迫を受けていることが記録されていた。
2021/07/02

ポンペオ氏、中国の不透明な核開発を批判 「すべての国が声を上げるべきだ」

マイク・ポンペオ米国務長官とマーシャル・ビリングズリア軍縮問題担当特使はこのほど米誌に共同寄稿文を発表し、中国共産党政権の核兵器開発は危険をはらむ不透明さがあるとした。両氏は、中共政権の嘘が広範囲にわたり甚大な被害をもたらすことは、新型コロナウイルス(中共ウイルス)の例で世界が知っているとし、中国政府に対して「白状」するよう求めている。
2021/01/06

独裁国家中国の弱点

前回のコラム『今必要なのは「中国から国民を守る党」』で述べた通り、バイデン政権の誕生が確実になり、日本の親中派は勢いづいている。12月14日に全日空が成田ー深圳路線を再開したのに続き、12月18日に国土交通省は、12月21日から中国・韓国便の到着を新千歳空港にも認める通知をした。
2020/12/23

医療において信仰と倫理が持つ役割

米国の研究チームがこのほど、信仰、道徳と医療倫理等の問題について種々の項目を立て、職業医師に対して一連のアンケートを行った。
2020/05/08

死は人生の一部であり恐ろしいものではない

リチャードが15歳の時に義理の父を、17歳の時にアルコール依存症だった実の父を亡くしており、現在は退職し72歳の彼は大人になってからもずっと、何をしていてもいつも「死」が頭の中にありました。
2020/03/22

なぜアメリカの若者たちは不幸なのか(下)

アメリカ人の若者の幸福度が著しく低下している(他の場所でもそうだが、特にアメリカで)。自殺率、自傷行為、ウツ、銃乱射、孤独感は、過去のデータと比べて危機的に上昇している。
2020/02/11

死は人生の一部であり恐ろしいものではない

リチャードが15歳の時に義理の父を、17歳の時にアルコール依存症だった実の父を亡くしており、現在は退職し72歳の彼は大人になってからもずっと、何をしていてもいつも「死」が頭の中にありました。
2019/09/06

米人気俳優レミー・アデレーク、転落人生から成功への道 その転機は?

アフリカでは裕福な家庭に生まれましたが、転落人生を歩むことになったアデレーク。彼は麻薬の売人から海軍に転職をし、その後海軍特殊部隊に転進します。無神論者だったアデレークは信仰を持つようになり、海軍特殊部隊から俳優に転身し、現在は作者として活躍しています。
2019/08/06

神を信ずる者が失うものとは?

昔、ロシアに無神論の学者がいた。ある日、彼はある大会の会場で人々に、神は絶対に存在しないと論じた。会場にいた人々も、彼の主張は理に適っていると思った。
2019/02/28