(Shutterstock)

コーヒーを淹れる6つの方法 あなたのタイプはどれ?

コーヒーを淹れることは、朝の習慣として欠かせない事ですが、淹れ方やコーヒーメーカー、コーヒーポットを使い分ける事でコーヒーの味やカフェインの量が変わってきます。

毎朝の目覚めの儀式に欠かせないのはコーヒーを淹れることで有り、最も素晴らしい満足感を得られる瞬間だと言う人もいます。あなたはコーヒを淹れるのにハンドドリップフレンチプレスゴールドブリュー、電気ドリップコーヒーマシン、エスプレッソマシン、インスタントコーヒー、どれを選びますか?勘違いし無いで下さいね!これは心理テストではありません。

例えば、手淹れのコーヒーを好む人はディテールにこだわり、独自性を出すのが好きな人です。朝は急いでいる人、寝ているのが好きな人、カフェインに敏感な人など様々な人がいます。この記事では、ディープな愛好家の習慣や体質に合わせて、6つのコーヒーの淹れ方とそれに合わせたコーヒーポットやマシンを紹介します。

(Shutterstock)


ある研究によると、コーヒーの淹れ方でその人の性格が分かるそうです。淹れ方の違い、あるいはコーヒーメーカーやコーヒーポットの違いによって、コーヒーの風味やカフェイン量は確実に異なります。コーヒーの風味を引き立てる主な要素はコーヒー豆の品質、分量、淹れ方に寄って影響されやすいのです。

プラス面でもマイナス面でも、コーヒーは人間の食生活に必要な抗酸化物質と栄養素の供給源であり、気分を高め、記憶力を高め、集中力を高めるものであると同時に頭痛や脱水症状、不安感やイライラの原因にもなります。

大切なのは不安や脱水を避ける為に正しい方法でコーヒーを淹れることで、自分の好きなコーヒーを味わいながら、ライフスタイルや個性に合った完璧な一杯を作ることです。コーヒー通の方にはハンドドリップ式のコーヒーポットがお勧めです。
 

(Shutterstock)

ハンドドリップ

朝の時間に余裕があり、比较的リラックスしていて、コーヒーにも拘りが有る方には注水式のコーヒーメーカーが最高です。

挽いたコーヒーに熱湯をゆっくりと注ぎ、フィルターを通ってカップに注ぎます。手で注ぐ方法は、プロのバリスタやコーヒー愛好家が良く使う方法です。練習には時間がかかりますがマスターすれば美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。プロのバリスタは、電子式のコーヒースケールを使って,粉と水の比率を通常1:16(粉:水)にコントロールし、水を早く注ぎ過ぎない様にする事を勧めています。最適な水温は摂氏90度に調整することです。

カフェイン含有量

一杯あたり80〜150mgが最適ですがお湯の温度や量、豆の焙煎方法によってもカフェイン含有量は変わります。

性格

手で注ぐコーヒーポットの様な正確さで自分だけのコーヒーが作れるのに電気式コーヒーメーカーを使うのは如何なものか? と、あなたはゆっくりとしたペースで物事を進めるのが好きで、一度に沢山の事が出来ませんが組織的に行動するのが好きです。
 

(Shutterstock)


フレンチプレス

朝急いでいなくてもコーヒーポットや器具の掃除が面倒で無ければ、フレンチプレスを使ってみましょう。粗く挽いたコーヒー豆をお湯に浸しフィルターからコーヒーの粉が出ない様にするだけです。

自宅にコーヒーメーカーがなくコーヒーを飲むのが好きな人はこのタイプのフィルターを使うといいでしょう。

カフェイン含有量

1杯あたり約80〜100mgと、一定量のカフェインが含まれておりかなり高い。コーヒーに対してアレルギー体質の方はこの方法はお勧め出来ません。

性格

コーヒーをワインの様に味わい、色や質感を重視してコーヒーを味わい、コーヒーを淹れるといつも想像力が膨らみます。 家には本やアートのコレクションが多く、友人を招いて美味しいけれど時間のかかるディナーを作るのが好きな方です。

(Shutterstock)

コールドブリュー

コールドブリューは、朝起きたら直ぐにコーヒーを飲まなければならないと言う、ちょっとせっかちな人に優先的にお勧めします。

前日の夜にコーヒーを挽き、冷たい水に浸して冷蔵庫で一晩、あるいはより豊かな風味を楽しみたい場合はそれ以上放置します。翌日起きたら冷蔵庫からコーヒーを取り出し、液体を濾します。

コールドブリューイングでは、抽出中にコーヒーの風味がより香ばしく滑らかになる為、上質なコーヒー豆を使う必要はありません。

カフェイン含有量

コールドブリューイングコーヒーを抽出する際、好みに応じて水で薄めることができます。一杯あたり概ね200mgから50mgまで薄めることが出来ます。

性格

少し怠け者で、オルタナティブですが、コーヒー中毒にならない様に気をつけましょう。水で薄めたコールドブリューのブラックコーヒーにしろ、缶入りのインスタントアイスコーヒーにしろ、常に旅をしながら限られた時間でインスタグラムに投稿すると言うノンステップのライフスタイルと同じで、あなたはいつも急いでいます。

(Shutterstock)

電動ドリップ式コーヒーメーカー

朝はベッドでゆっくりしたい、コーヒーを飲みながらゆっくり目覚めたいと言う方には、操作が簡単で予約機能のある電気式ドリップコーヒーメーカーがお勧めです。前夜に時間を設定しておけば、翌朝にはもう熱いコーヒーが用意されています。

コーヒーメーカーは全自動で手間がかかりませんが,問題は自分好みに水の量や温度、コーヒー豆の香りを引きだすコーヒー粉が水に溶かされる「煮出し」の時間をコントロール出来ないのが難点です。より繊細なコーヒーを楽しむ為には水とコーヒーパウダーの比率を調整出来るコーヒーメーカーを選ぶのがお勧めです。引き立てのコーヒーパウダーを使うとより美味しくいただけます。

カフェイン含有量
コーヒー豆の種類や粉と水の比率がカフェイン含有量に影響する為、一杯あたり80〜250mgと大きく異なります。

性格
コーヒー豆の淹れ方は一通り知っていますが、電気式コーヒーメーカーが好きです。たまにコーヒーに別のフレーバーを加えたりちょとした工夫をしても仕事と同じ様に効率や生産性を注視して、素早く効率的に淹れることに拘ります。

 

(Shutterstock)

エスプレッソマシン

早起きでエネルギーが有り特にラテが好きな方はエスプレッソマシンを使ってご自宅でスターバックスのコーヒーを作って見てはいかがでしょうか?

これは高価なコーヒーのいれ方で、キャラメルマキアートなどのスターバックスコーヒーを作ることが出来ますが,一つ難点が有り,まずエスプレッソマシンの使い方を学ば無ければなりません。

カフェイン含有量
1杯あたり約75mgと比較的に安定しています。カフェインアレルギーの方は、カフェイン含有量をコントロールする為にエスプレッソマシンで作ったコーヒーを飲むのが良いでしょう。

性格

本当はカフェでコーヒーを飲むのが好きで、人との出会いが多いので、人と仲良くなりやすいです。貴方はバリスタが淹れたコーヒーの方が爽快だと思うので,貴方のコーヒーはプロのバリスタにお願いしましょう。
 

(Shutterstock)

インスタントコーヒー

コーヒーに感謝し,コーヒーの味を知っている人にとっては、インスタントコーヒーは受けいれられ無いはずです。しかし朝に何をすれば良いか分からない。特にコーヒーマシンの操作が億劫で嫌だと言う方にはインスタントコーヒーがピッタリかも知れません。

インスタントコーヒーを買う時はラベルの原材料をよく見てコーヒー以外のモノ、特に保存料が含まれていないものを選びましょう。

カフェイン含有量

1杯平均60mgと最も少ない含有量です。

性格

フレーバーコーヒーが苦手で複雑なコーヒーマシンにも興味が無い,リフレッシュしたい時は電子レンジで水を加熱し,インスタントコーヒー粉を入れてかき混ぜる。貴方は現実的で優理的な人ですが,融通が効かず創造性にも欠ける所が有ります。
 
(翻訳・金水)