身近な材料でつくる健康スープ「免疫力アップや不眠にも効果大」

コメント

現代人には、ストレスからくる不眠の悩みが多いほか、複数の要因によって免疫力が低下したり、体の代謝が悪くなったりするため、様々な病気が発生しています。
そんな時、市販のサプリメントを服用するよりも、安価な日常の食材でつくれる健
康食で体調を整えるのが、最も簡単で効果的な方法です。

なぜ今「腸の健康」が重要なのですか?
 

人が毎日を快適に過ごすために、「腸の健康」はとても重要です。
腸の状態が悪いと、便秘になるだけでなく、消化吸収の能力も低下し、栄養のある食物をいくら食べても肌や髪、筋肉などに行き渡らず、効果が半減してしまうからです。

世界では複数の変異株による新型コロナウイルスが、まだまだ猛威を振るっています。このような時だからこそ、自身の免疫力を高めることは非常に重要であり、そのためにも私たちは腸の健康にもっと気を遣わなければなりません。
腸には、体の免疫細胞の約70%が集まっていて、体内で最大の免疫器官といえます。自分の免疫機能を最大限に働かせるためには、腸の健康を保つことが欠かせません。

腸の状態はまた、気分にも影響します。腸内では、精神を安定させる「ハッピーホルモン」と呼ばれる神経伝達物質のセロトニンが作られ、それが脳に送られるのですが、腸内環境が良好であれば、セロトニンは十分に脳に送られます。
そうして精神が安定すると、生活の中でポジティブな思考をもつことができるようになるのです。ところが腸内環境が良くない場合は、同じ理由で逆の結果になります。

腸内環境を整えるには、食物繊維や発酵食品のほか、オリゴ糖やマグネシウムを含む食材も有効です。これらの食物を、毎日積極的に摂るようにしましょう。

 

腸の健康と「人の気分」は密接に関係しています。(Shutterstock)

免疫力を高めるダイエットスープ

とくに多くの女性にとって、不眠や免疫力低下、貧血は大きな悩みです。
ここでは、この3つの症状に適したスープをご紹介しましょう。不眠症の改善には、トリプトファン、γ(ガンマ)アミノ酪酸、およびグリシンが役に立ちます。
免疫力を高めるにはビタミンA、C、E、発酵食品などを多く摂取する必要があります。
貧血症状の改善には、鉄分やビタミンCの摂取が効果的です。

トマトと海老のチーズ入りスープ

トリプトファンは精神を安定させる「セロトニン」の原料です。γアミノ酪酸は心身ともにリラックスさせるとともに、グリシンは深部体温を下げて眠りやすくするのに有効です。
この3つの成分を含んだ食材を使ったスープをとることで、睡眠の質を高めることができます。

1人前の材料は、海老4尾(80g)、大豆の水煮 50g、タマネギ1/4個、ズッキーニ30gトマトペースト100g、パセリ少々、水200cc。
調味料として、コンソメ小さじ1.5、ナンプラー小さじ1、パルメザンチーズ大さじ
1、焼酎小さじ2、おろしニンニク小さじ1.

作り方:
1、タマネギとパセリはみじん切り。ズッキーニは1センチ角の賽の目切り。大豆は細かくすりつぶしておく。
2、水とパセリ以外の材料および調味料を耐熱ボウルに入れ、軽く混ぜた後、ラップをかけて電子レンジ加熱。(500ワットで6分間)
3、碗に盛りつけて、パセリを散らす。
 

アメリカのアーモンドを夜食代わりに少量食べると、肥満を防ぐだけでなく、睡眠の質を高めるのにも役立ちます。(Shutterstock)

(翻訳編集・鳥飼聡)