米FDAも警告 抗うつ剤の危険性をご存知ですか?(2)

FDAは2004年に、抗うつ薬を服用している若者は、自殺念慮や自殺行動などの自殺のリスクが増加すると警告しました。この警告は一時期、医療業界は真剣に受け止めましたが、精神的問題解決のため多くの人に化学物質の使用を奨励する事を止めることはできませんでした。
2022/07/25 朱厚伊, 林曉旭

米FDAも警告 抗うつ剤の危険性をご存知ですか?(1)

うつ病や不安神経症は新世紀の最初の1年間だけで25%も増加し、抗うつ剤の使用も一般的になっています。 [1] しかし、抗うつ剤には予期せぬリスクがあることが研究で明らかにされています
2022/07/23 朱厚伊, 林曉旭

ウコンは不思議な香辛料「あなたの肝臓を守ります」

ウコン(ターメリック)には抗炎症、抗酸化の効能があります。 ウコンパウダーを日常の飲食に効果的に活用すると、肝臓や心臓血管を保護することができます。
2022/03/15

身近な材料でつくる健康スープ「免疫力アップや不眠にも効果大」

現代人には、ストレスからくる不眠の悩みが多いほか、複数の要因によって免疫力が低下したり、体の代謝が悪くなったりするため、様々な病気が発生しています。
2021/12/10

うつ症状の改善に役立つ「ポジティブになれる食事」6種

うつ病や抑うつは、どうやって改善すればよいだろうか。抗うつ剤、カウンセリングやレクリエーションなどの治療法もあるが、食事を改善することで補助療法として、うつの程度を大きく改善することができる
2021/12/07

冬になる前に「早起き習慣」を身につけませんか?

「早起きは三文の徳(得)」といいます。もとは中国の古詩に典拠があり、そちらの原義は「3日早起きすれば1日分の働きになる」という現実的な利益を指すようです。
2021/09/22

うつ病を克服するために「自然の力を、体に取り戻す」

台湾にある安泰商業銀行の元副頭取・林桂永氏は、仕事の絶頂期にうつ病にかかり、充実していた生活が、まさに谷底まで落下するような経験をしました。
2021/07/15

バナナの皮はもう捨てられない 

「ハッピーフード」という異名を持つバナナ。バナナの皮には不眠や憂鬱を軽減させ、気持ちを落ち着かせるトリプトファン(Tryptophan)が多く含まれています。
2016/07/27