目は紫色の食べ物が好き? 4つの栄養を補充すれば緑内障と白内障を撃退する

コメント

文/山口康三(視力回復博士)

編集者注:
目はあらゆる臓器の中で最も活性酸素の影響を受けやすく、白内障、緑内障、黄斑変性症などの重大な眼病を引き起こす可能性があります。日本眼科学会認定・眼科専門医の山口康三先生は、目のケアのために、より良い食生活を推奨しており、特にいくつかの栄養素が重要であると述べています。

食生活の改善は、目のケアに最も有効な方法です

間違った生活習慣は、目の病気の最大の原因であり、特に食生活が重要です。プレッシャー、睡眠不足、喫煙、紫外線……体内で活性酸素が発生し、細胞の酸化や血液の濁りの原因となり、動脈硬化やがん、心筋梗塞などの病気にもなりかねません。

目の血行不良は、結膜下出血、白目の充血、さかさまつげ、視力が低下する中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症)の原因となります。重症化すると、白内障、緑内障、黄斑変性症などの目の病気になる可能性があります。

目は、全身の臓器の中で最も活性酸素の影響を受けやすい臓器です。年齢を重ねると、細胞を守り、活性酸素の害を防ぐ体内の抗酸化物質が減少し、視力低下や目の疲れなどの老化現象が顕在化します。

4種類のアイケア栄養を補充し、紫色の食品が最も良い

抗酸化作用の高いビタミンA、C、Eを積極的に摂取することをお勧めします。

ビタミンAは、網膜の光受容器であるロドプシン(rhodopsin)の生成に有効です。明るいところから暗いところに入ると、目が暗闇に慣れるのを待たないと何も見えません。ロドプシンが足りないと、見えるまでに長い時間がかかり、ひどい場合は夜盲症になって、暗いところにいると全く見えなくなってしまうこともあるのです。鶏レバー、のり、うなぎ、にんじん、ほうれん草、小松菜などには、ビタミンAが豊富に含まれています。 

ビタミンCは、細胞と細胞をつなぐコラーゲンの形成を促進し、血管や骨、筋肉など全身の臓器に役立つほか、免疫力アップ、疲労回復、風邪の予防、美容効果も期待できます。ストレスの多い人、飲酒や喫煙の習慣がある人は、より積極的にビタミンCを摂取することが望ましいとされています。レモン、小松菜、パプリカ、ブロッコリー、西インド諸島のチェリー(アセロラ)には、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンEは活性酸素の攻撃から細胞を守り、老化に抵抗するほか、コレステロールの酸化を止め、動脈硬化や高血圧、心臓病を予防します。ナッツ類、アボカド、かぼちゃ、鮭、いわしなどの食品には、ビタミンEが豊富に含まれています。

ポリフェノールは、ビタミンEよりも強力な抗酸化作用があります。 ブルーベリーやナスなどの食品が紫色なのは、アントシアニンがビタミンAと同様にロドプシンを作り、暗闇への適応力を高めるとともに、微小血管を強化して血行を良くし、視力低下の阻止や眼精疲労の解消に効果的だからです。
 

赤ワイン、さつま芋、ブルーベリー、ナス、黒豆などは、アントシアニンを多く含む紫色の食品です。(YuliaFurman/ PIXTA)

紫色の食品は、特に皮に抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれており、色が濃いほどその量は多くなります。写真の食品以外にも、さくらんぼ、小豆、ぶどう、赤シソ、カシスなどにもアントシアニンが豊富に含まれています。

三彩文化社刊『緑内障・白内障・黄斑変性症 視力専門医が教える目のセルフヘルプの本』より抜粋

(翻訳・李明月)