150年前、アメリカのある探検隊がコロラド州のグランドキャニオンを探検した際、偶然にも地球の地質年代が、10億年以上もの間にわたって、謎の消失をしていることを発見しました。写真は、グランドキャニオンの赤色砂岩です。(Shutterstock)

10億年分の地層がない?! 地質学者を悩ませるグランドキャニオンの謎(1)

今から半世紀前、あるアメリカの探検隊がコロラド・キャニオンを探検した際、偶然、地球の地質年代が10億年以上もの間にわたって、謎の消失をしていることを発見し、この事は今日に至るまで数々の地質学者を悩ませ、現在も科学界で論争が続いています。

1869年、独学で学び地質学者となったジョン・ウェスリー・パウエルは、10人の隊員を率いて10ヵ月間の探検を行いました。その探検はワイオミング州のコロラド川の支流、グリーン川を1609キロメートルほど下ってグランドキャニオンを調査し、その結果を記録するというシンプルなものでした。

危険と隣り合わせの探検でしたが、幸運にも雄大な断崖、美しい絶壁、雲の上にそびえる奇妙で角張った崖など、彼らは多くの自然の驚異を目の当たりにしました。しかし、こうした自然の驚異の中でも、パウエルが特に興味を抱いたのは、後に
「神々の図書館」と呼ばれ、色とりどりの岩が並ぶ「偉大な書物の岩のページ」で、一行一行で地球の形成や歴史がわかるという壮大な峡谷でした。

しかし、パウエルはグランドキャニオンの絶壁を見上げながら、ある事に気がつきました。

崖の下に立って上を見ると、花崗岩や片岩(強い圧力を受けた粘板岩や頁岩)などの硬い結晶石が、縦に垂直に規則的に並んでいるのが見えました。結晶質岩層の上には厚さ305mの赤色砂岩があり、これがきれいに横一列に並んでいたのです。

しかし、ここで問題点が指摘されました。 パウエルは、垂直な結晶岩の層を数えて、この部分の厚さを3050メートルと推定しましたが、実際に測定してみると152メートルしかないことが分かりました。つまり、2千メートルもの岩盤が完全に消失していたのです。彼はこの不思議な出来事を「地層角度が不整合」と呼びました。

 

グランドキャニオンの岩層。(パブリックドメイン)


現在、地質学者の間では、最も若い硬質結晶質岩は17億年前、最も古い砂岩層の岩石は5億5千万年前に形成されたことが分かっています。つまり、地球の地質学的記録には10億年以上の空白があるのです。 なぜ、この中間層の岩盤が消失したのか、今もなお誰も知りません。

(翻訳・志水慧美)