世界中のピラミッド(61)グアテマラ:ティカル遺跡

コメント

グアテマラティカル遺跡

ティカルは古典期マヤの大都市で、ティカルの遺跡は、1979年に世界遺産の複合遺産に登録されました。

ティカル遺跡は1696年頃に発見されて、1848年頃に発掘作業が行われ、1955年に外部向けに開放されました。そして、1963年に大規模な発掘作業が行われ始めたのです。

ティカルの歴史は紀元前800年まで遡ることができ、1世紀頃に、ピラミッドが現れました。紀元前300年頃から450年頃までは、マヤ文明の創設期とされ、第1回目の繁栄を迎えました。しかし、その後衰退していき、700年頃から800年頃、イキン・チャン・カウィール(第27代目の統治者)の時期に再び隆盛しました。

この第2回目の最盛期に、計3千以上のピラミッド、祭壇、石碑などが建てられ、その文明は周辺の広い範囲に影響を及ぼしました。そして、900年頃、このティカルも他の古典期のマヤ都市と同じように置き去りにされ、その理由は今でも解明されていません。

(つづく)

――正見ネットより転載
(作者・意文/翻訳編集・天野秀)