世界中のピラミッド(68)石器から高度な文明への発展

マヤ文明の多くの謎が未だ解明されていません。例えば、マヤ文明は石器時代に属していますが、銅器もなければ鉄器も発見されておらず、獣の骨と木鋤の活用のみでした。しかし、高度な文明を持っていたのです。
2022/03/11

世界中のピラミッド(67)マヤ人と中国人の関係

ある学者は、マヤ人にはモンゴル人の血統と黄色人種の血統があるといいます。大昔、モンゴル人は寒冷な気候によって大移動し、シベリアからベーリング海峡を経て北アメリカへと向かい、その後、南アメリカに移りました。
2022/03/10

世界中のピラミッド(64)グアテマラ 「ラ・ダンタ」

2008年に発表された論文で、多くの考古学者がエル・ミラドールはマヤ史上最大の都市であり、中でも「ラ・ダンタ」はマヤ建築の中で最も大きなピラミッドであることを発表しました。このピラミッドは高さ72メートルあります。
2022/03/04

世界中のピラミッド(61)グアテマラ:ティカル遺跡

ティカルは古典期マヤの大都市で、ティカルの遺跡は、1979年に世界遺産の複合遺産に登録されました。最盛期には、計3千以上のピラミッド、祭壇、石碑などが建てられ、その文明は周辺の広い範囲に影響を及ぼしました。
2022/02/27

世界中のピラミッド(60)エルサルバドル タスマル遺跡

タスマル遺跡内の主要な建物はピラミッド構造の大神殿で、エルサルバドル境内で最も有名な神殿です。「タスマル」はキチェー語で「いけにえが焼かれたピラミッド」という意味です。
2022/02/26

世界中のピラミッド(59)ベリーズ シュナントゥニッチ遺跡 ルバアントゥン遺跡

シュナントゥニッチ(Xunantunich)遺跡はモパン川沿いの尾根の上に位置しており、古典期において重要な式典、祭祀の中心地でした。遺跡内には6つの主な広場があり、その周囲を25以上もの神殿や宮殿が取り囲んでいます。
2022/02/25

世界中のピラミッド(57)ペルー セチンバジョ遺跡

2008年2月、ペルーとドイツの考古学者から成るチームは、ペルーで5500年前に建てられた祭祀、あるいは儀式用の広場を発見したと発表しました。現時点で、アメリカ大陸で発掘された最も古い建築物であるとのことです。
2022/02/22

世界中のピラミッド(56)ペルー カラル遺跡

カラル遺跡はアメリカ大陸最古の都市遺跡の1つとも評されています。研究者たちは、放射性炭素年代測定を用いて、ペルー中部のスーペ川流域には、紀元前2627年あたりからすでに都市が形成されていたことを確認しました。
2022/02/21

人類にとって未解明、未確認の文明が存在?

新疆ウイグル自治区ウルムチ市在住の元教師で、有名な化石専門家・海涛さんは、30年にわたり収集した数百点の化石を中国科学院新疆生態と地理研究所の標本館に展示されることとなった。2億年前の「靴の跡」の化石だという。猿人類さえいなかったはずの時代に、どうして「靴」があるのだろうか? 研究者らは首を傾げた。
2020/04/03

2億年前、ヒトは裸足じゃなかった? 26センチの「靴の跡」化石が物語る

新疆ウイグル自治区ウルムチ市在住の元教師で、有名な化石専門家・海涛さんは、30年にわたり収集した数百点の化石を中国科学院新疆生態と地理研究所の標本館に展示されることとなった。2億年前の「靴の跡」の化石だという。猿人類さえいなかったはずの時代に、どうして「靴」があるのだろうか? 研究者らは首を傾げた。
2019/02/19

新潟市を代表する国史跡へ 古津八幡山遺跡

新潟市の「史跡古津八幡山 弥生の丘展示館」で6月25日(日曜)まで企画展「古津八幡山遺跡の保存・活用」を開催。国史跡古津八幡山遺跡保存活用計画の策定を記念し、発掘調査や復元整備、活用などの写真や模型を展示しています。
2017/05/13

チベット高原に人が定住したのは7400年~13000年前からか=米研究

チベット高原には、少なくとも7400年前、古ければ13000年前から人が定住していた可能性があるという論文が、1月7日付米科学ジャーナル『サイエンス』に掲載された。これは、1998年にチベット平野中央のチュサン(Chusan)という村で見つかった人の手形と足跡の年代を推定した結果によるもの。これまで考えられていた年代より数千年はさかのぼると指摘している。
2017/01/27

先史文明のあかし? 不可思議な歴史の遺物

人類学によれば、人間が地球上に現れたのはおよそ20万年前。そのうち、文献に残されている文明は数千年前からであり、科学が飛躍的に発達したのはイギリスの産業革命からだ。  しかし、世界各地では、現代の科学水準に匹敵する遺跡や物体が数多く発見されている。その時代には有り得ないと思われる技術や知識によって作られたオーパーツ(out-of-place artifactsの略)が示すのは、先史に高度なテクノロジーが存在していたという可能性だ。各地のオーパーツを集めてみた。
2016/05/31

<今日は何の日?>世界観光の日 美しき世界遺産

 【大紀元日本9月27日】1981年に世界観光機関(WTO)が9月27日を「世界観光の日」と制定した。WTOは1975年に国際理解と繁栄のため、観光を振興し、発展させることを目的として発足した。これを
2010/09/27

【フォトニュース】エジプト・オアシスの街で3500年前の大型集落が発見される

 【大紀元日本8月31日】エジプト考古最高評議会は25日、エジプト南部の街ハルガ・オアシス付近で3500年前の大型集落を発見したと発表した。集落は25万平方メートルほどで、これまでに周辺で見つかった集
2010/08/31

【フォトニュース】エルサレム最古の文書が公表される=ヘブライ大

 【大紀元日本7月14日】写真は、エルサレム・ヘブライ大学が11日公表した、アッカド語が刻み込まれた2センチほどの粘土の断片。エルサレム旧市街の紀元前10世紀ごろの塔の下から発見されたもので、紀元前1
2010/07/14

英国:8000年前の海底遺跡発見、高度な技術有していた可能性

 【大紀元日本8月29日】英国のサウサンプトン(Southampton)国家海洋センターの研究者らが、英国ワイト島南岸の海底で、8000年前の遺跡を発掘した。遺跡は、氷河期後の中石器時代の人類の居住地
2007/08/29

女子大生、5000年前のチューインガムを発見=フィンランド

 【大紀元日本8月25日】英国ダービー大学(University of Derby)考古学専攻の学生が、フィンランドで5千年前のチューインガムを発見した。 英国のネット紙The Guardian Un
2007/08/25

世界最古の国際大学・ナーランダ寺院、再建へ=インド

 【大紀元日本8月10日】インド北部のビハール州にあるナーランダ寺院遺跡は、5世紀から12世紀まで続いた仏教学の聖地であり、世界最古の大学の一つであったが、1193年にイスラム勢力によって破壊されたと
2007/08/10

石見銀山、豪オペラハウスなどが世界遺産に

 島根県大田市の「石見(いわみ)銀山遺跡」やオーストラリアのシドニーにあるオペラハウスなど4カ所が28日、新たに国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)として登録された。ニュージーランド
2007/06/30

川底に消え行く古鎮、龔灘

 【大紀元日本4月22日】重慶市南部の烏江中流東側に位置する龔灘は、 三方を水に囲まれており、烏江流域の中でも有名な早瀬の一つである。古代には、五渓、夜郎に通じる軍事的な要害であった。明
2007/04/22

インドネシア:火山噴火遺跡から、「アジアのポンペイ城」を発見か

 【大紀元日本3月5日】米国とインドネシアの専門家からなる国際発掘チームは、インドネシアで史上最大規模の火山噴火によって、約200年近く消えていた「アジアのポンペイ城」と称される古代文化遺跡を発見した
2006/03/05

中国河南省:巨大遺跡を発見、ポンペイ遺跡に匹敵

 【大紀元日本2月23日】中国河南省文物管理局はこのほど、同省黄県梁庄鎮三楊庄の南に位置する黄河旧道から、前漢時代(紀元前202年~紀元8年)後期の農村遺跡を発掘したと発表。同遺跡の規模はイタリアのポ
2006/02/23

シルクロード:  遺跡の9割、潰滅の危機

 【大紀元日本9月6日】シルクロードは、アジアを横断してユーラシア大陸に続く有名な古代の陸上商業貿易の道であった。しかし、2000年余りの古い歴史を持つシルクロードの遺跡は、大自然の風雨にさらされ、多
2005/09/06

胡同:消えゆく、北京情緒溢れる町並み

 【大紀元日本8月6日】清、明の時代に建てられた伝統的住居である「四合院」(注1)と、それらの住居が立ち並ぶ古い町並み「胡同(フートン)」(注2)は北京を代表する歴史的文化財である。しかし、急速な都市
2005/08/06

調査:万里の長城、三分の一もはや存在しない

 【大紀元日本7月10日】中国長城研究会は長城の現状について調査を行った。調査結果、長城は三分の一が基本的に原形を保っているが、三分の一は破損し、三分の一は既に存在していないことがわかった。長年にわた
2005/07/10

二億年前「靴の跡」化石、何を物語っているのか

 【大紀元日本5月7日】報道によると、ウルムチ市に在住している定年退職した教師が30年にわたり収集していた数百点の古生物化石はこのほど、中国科学院新疆生態及び地理研究所の標本館で展示され、大騒ぎになっ
2005/05/07