「なんとかしたい膝の痛み」変形性膝関節症の緩和と予防法(1)

コメント

変形性関節症は、加齢によって関節が硬くなるとともに、クッションになる軟骨がすり減る、あるいは関節そのものが変形することで起こります。

発症すると、非常に動きにくいばかりか、強い痛みをともなうため、患者にとっては苦痛の大きい病気となります。

とくに、常に体重がかかる関節に起こりやすいのですが、お年寄りは、家族に心配や迷惑をかけたくないので、自分の膝の痛みを言えないことがあります。そのため、膝の健康は生活の質に大きく影響します。

ここでは、膝痛の予防および緩和に役立つ6つの日常的なリハビリ方法と、食事による緩和と予防の方法をご紹介します。

その前に、まず知っておきたいのは、日常生活のなかで、どのような動作が膝の負担を大きくするかということです。

私たちの膝は、横になって寝る時だけ体重を負担する必要がありません。それ以外では、どんな姿勢でも、膝はそれぞれ異なる衝撃や重さを負担しています。

立って普通に歩くとき、膝にかかる重さは体重の1~2倍です。これが坂道や階段を上り下りするとなると、膝には体重の3~4倍の重さがかかります。

同じく、ランニングでは膝に体重の4倍の重さがかかります。攻防の激しいバスケットボールでは、なんとかかる重さは体重の6倍です。スポーツ以外でも、しゃがむ、ひざまずくなどの日常の動作は、体重の8倍もの負担が膝にかかります。

姿勢によっては、膝に体重の数倍もの負担がかかります。(健康1+1/大紀元)

そのため、膝痛をもつ人は、普段から姿勢には十分注意してください。

低すぎる椅子に座る、しゃがむ、ひざまずく、あぐらをかく、仰向けで足を組むなどは、いずれも膝に負担をかける動作になりますので、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

★普段から、膝を痛めるような動作は避けましょう。(健康1+1/大紀元)

(次稿へ続く)
(口述・郭大維/翻訳編集・鳥飼聡)

郭大維