研究:飼い猫は一緒に住む猫と飼い主の名前を「覚えている」

コメント

猫は、家の中にいる他の猫の名前だけでなく、飼い主やその家族の名前まで認識できることが研究で明らかになりました。

5月14日の朝日新聞に掲載された記事によると、京都大学と麻布大学等が行った研究で、猫が「同居人」、つまり同じ家に住む他の猫の名前を区分できるかどうかを調べようとしました。

彼らは3匹以上の猫がいる家庭から25匹の猫を選び、ある実験をしました。猫たちを座らせて、同居する猫の名前を聞かせた直後、モニターで名前の一致する猫や別の猫の写真を見せ、猫たちがどのような反応をするのかを確認しました。

すると動物も人間と同じように、突発的に起こる状況に反応し、その後、時間をかけて何が起こっているのかに注意を払います。

実験では、名前を呼ばれていない猫の写真をより長く見つめる傾向がありました。つまり、「同居人」の名前を知っているため、その猫の写真を見る時間は少なく、名前を呼ばれてない見慣れない猫の写真には戸惑い、長い時間見つめていたのです。

一方、猫カフェの猫たちからはこのような反応は目立ちませんでした。猫カフェの場合、個体数が多いため、個々の名前が呼ばれる機会が少ないことが影響していると研究員は分析しています。

同じ方法で、猫が飼い主や家族の名前を認識しているかどうかのテストも行いました。その結果、大家族で暮らす猫ほど、名前を聞き分けられる傾向があることが分かりました。

麻布大の動物科学研究員高木佐保氏は「今回の発見は驚くべきもので、人々に知らせたい。猫は人の言うことを聞かないように見えて、実は聞いている」と話しています。

この研究成果は、学術誌『Scientific Reports』に掲載されています。

(翻訳・春野瑠璃)