【千古英雄伝】チンギス・カンーー1本の矢は折れるが、1束の矢は折れにくい(上)

コメント

13世紀初期、ホラズム・シャー朝は中央アジアから西アジアまで広がる大帝国へと発展しました。1218年の春、チンギス・カンはホラズム・シャー朝と商業取引をしたいと考え、450人ほどの商人と数人の使者を相次いで派遣しました。しかし、その結果は良くなく、商人はほとんど殺害され、貨物もすべて没収され、交渉に行った使者のリーダーも殺されてしまったのです。これに激怒したチンギス・カンは大軍を集結し、西征に向けて準備を始めました。

王自ら軍を率いるので、万が一の事態になった時、帝国をまとめられる人が民を管理しなければなりません。王妃はこの懸念をチンギス・カンに伝えました。
王妃に言われるまで、自分も、兄弟たちも、大臣たちも誰もこの重大な問題に気づきませんでした。当時、チンギス・カンには4人の息子がいたので、まず長男のジョチの考えを聞こうとしました。

しかし、ジョチが口を開く前に、次男のチャガタイが、「ジョチの意見を先に聞くということは、父上はカンの座をジョチに継承させるということですか?こんなどこの馬の骨かわからない者に帝国を管理させてはいけません!」と真っ先に口を開きました。しかし、最後の言葉がジョチの逆鱗に触れ、2人はその場で喧嘩になりました。

『元朝秘史』によると、チンギス・カンの第一王妃であるボルテは、かつて身の安全のため、部族間を転々と移され、旅路の最中に長男のジョチを生んだので、チンギス・カンの子だという確固たる証拠はなく、諸説が入り乱れています。
 

カンの座を誰に?親子間の会話

チャガタイの言葉を聞いたチンギス・カンも怒り、「なんてことを言うのだ!ジョチは私の長男ではないか。今後、二度とこのようなことを口にするな!」とチャガタイを叱ります。

それでもチャガタイは不服で、ジョチを継承者にしてほしくありません。そこで、「ジョチの能力は言うまでもなく優れている。僕はジョチとともに父上の力になります」と言って、温和で寛大な心の持ち主である三男のオゴデイを継承者に推薦しました。

ジョチもチャガタイに賛成し、「僕とチャガタイは協力し合い、父上の力になります。ですので、継承者はオゴデイを推薦します」と言いました。

 

領土を息子たちに分封するチンギス・カン、写真は16世紀Ta’rikh-i guzida-i Nusratnama、大英図書館 (パブリックドメイン)

 

しかし、チンギス・カンは異なった提案を出しました。

「争うことはない。世界は大きく、土地も広い。お前たちに広大な地域を分け与えよう」

「お互い遥か遠い場所にいる時、まだ是非を争うか?争うときはよく考えると良い。お互い遠く離れている時、あれこれの是非を争ってどうする?」

続いて、チンギス・カンは三男のオゴデイの意見を尋ねました。オゴデイはこう答えたのです。「僕は最善を尽くすのみです」。しかし、当時のオゴデイはもし、自分の子孫に愚か者が現れた時、どうするのかをまだ知るすべがありませんでした。

最後に、チンギス・カンは四男のトルイの意見を尋ねました。

 

Persian miniature作(14世紀)チンギス・カンが領土を分封している光景 (パブリックドメイン)

 

すると彼は「僕は父上が指名した継承者の兄のそばで、彼が忘れたことを思い出させてやり、眠ってしまった時に起こしてやります。必要な時にはいつもその背後に立ち、その手の刀となります。彼のために戦い、己の命をも授けます」と言いました。

この言葉を聞いた瞬間、チンギス・カンは、「よくぞ言った!」と大いに喜び、そして、オゴデイを継承者に指名しました。
(つづく)

(翻訳編集 天野秀)

洪熙