鏡を教師にして 美しい一日は心から始まる(1)

コメント

美しさを愛するのは人間の本性です。ほとんどの人はを見て毎日自分自身を評価し、鏡を使って自分の容姿を確認し、身だしなみを整えます。しかし、彼らの内面を常に修めるには、別の種類の鏡が必要です。内面の鏡で自分の欠点を見ることによって、自分自身を自ら改善し、魅力を醸し出し、品性の高い個性を保つことができます。

以鏡為師 鏡を教師を照らす

内面の鏡を修める(その1):他人に対する態度

すべての関係には双方向性があります。2つのものが互いに補完し合うか、それとも傷つけ合うか。諸刃の剣の使い道は自分の心にかかっています。

したがって、仏教徒は「すべてのものは心によってのみ創造される」と言います。つまり、あなたが感じる悩み、痛み、幸福はすべてあなた自身の心によって創造されます。「まわりの環境は心から生まれる」という言葉があるように、まわりの環境は私たちの内面の鏡の反射であり、その中にある喜びや、怒り、悲しみの真実について調べることができるのは自分だけです。

例えば、ある人が自分にいつも冷淡な態度をとっている場合、その理由をよく調べてみると、私自身が彼に対して友好的ではなかったとわかりました。

また、ある不幸な顔をした既婚の男が、結婚なんかつまらないと思い、結婚の専門家に相談しました。すると専門家は、彼自身が退屈で単調な男であるのに、相手が自分を喜ばせることを期待していると指摘し、「あなたは妻に退屈していたから、妻の反応も鏡のように退屈だったのだ。あなたが自分自身を変えられたら、夫婦関係も改善できる」とアドバイスしました。

古書「孟子・離婁下」の中には、「他人を愛する者は常に他人に愛される。他人を尊重する者は常に他人に尊重される」と述べています。すべての人間関係は実は鏡のようです。

人々の内面の精神世界と外面の物質世界は調和されています(Shutterstock)

(つづく)

(翻訳・郡山雨来)
 

王知涵