脱水症状ではありませんか?  尿の色で体調をチェック

コメント

健康でいるために、特に暑い夏には熱中症にならないよう、水分を十分に摂ることが大切です。水を多く飲むといっても、一度にたくさん飲むのではなく、腎臓の負担を増やさないように、一口ずつゆっくり飲むことです。

人間の血液の90%以上を占める水は、老廃物の代謝や毒素の排泄を助け、1日たりとも欠かすことができないものです。

しかし、アルカリイオン水、ミネラルウォーター、水道水、純水など、さまざまな飲料水が販売されており、どれが一番健康に良い水なのでしょうか?「純水を長期間飲み続けるとミネラル不足になり、骨粗しょう症になる」というのは正しいのでしょうか?

おいしい水を飲むために、逆浸透膜などの浄水器を導入する家庭も多いですが、純水や逆浸透膜でろ過した水を長期間飲み続けると、ミネラル分の摂取が不足し、子どもの骨の発育不全や大人の骨病変を引き起こすことが心配されます。

これに対し、台湾の食品薬物管理署は、「純水を飲むことによる骨質への影響はまだ議論の余地がある」「ミネラルの主な摂取源は日々の食事であり、水はごく一部に過ぎない。一般の人が純水や逆浸透膜水を飲んでも、体内のミネラルが不足することはない」と述べています。

食品薬物管理署は、骨粗鬆症を予防するためには、喫煙、飲酒、過度のカフェインを避け、バランスのとれた栄養を摂って定期的な運動を行い、適切なカルシウムのサプリメントを摂取するなど、良いライフスタイルを送る必要があると喚起しています。

白湯を多く飲む 水を賢く飲む5つのヒント

理想的な水は、体に最も吸収されやすい25℃前後の白湯です。そして、逆浸透膜水は、水道水に含まれる不純物、ミネラル、有機物、細菌などをすべてろ過し、浄化水とも言います。

台湾衛生福利部(日本の厚労省にあたる)の国民保健事業では、大人はコップ6~8杯(240ml/杯)、小学生は1日1500ml以上の水を少しずつ飲むことを推奨しています。白湯をたくさん飲むことは、血液の粘度が高くなるのを防ぎ、慢性疾患の脅威を取り除き、熱中症を予防し、排尿・発汗・排便によって体内のゴミを排出するので腸の動きを促進し便秘を防ぎ、さらに尿路の炎症を避け健康を維持することができるのです。

 

十分な水を飲んで体を潤しましょう。長期間にわたって十分な水を飲まないと、多くの健康障害を引き起こす可能性があります。 (Shutterstock)

台湾国民保健サービス(NHS)は、煮沸したお湯をもっと飲んでもらうために、「お湯を飲むための5つのアドバイス」を考え、暑い環境にいるときは、のどが渇くまで待たずに水を飲むようにと呼びかけています。

1. 目覚めたら、コップ一杯の水を飲む:一晩中、体に水分を取り込んでいないので、起床後に300~500mlのぬるま湯をゆっくり飲むと、腸の動きを促進し便秘を予防することができます。
2. 食事の前後にコップ一杯の水を飲む:食事の際、食卓にコップ一杯の白湯を用意し、甘い飲み物の代わりにして、カロリーの過剰摂取を避けます。
3. 外出時に水を持ち歩く:水分補給、血行促進、脱水症状回避のため、運動時には水筒を持ち歩きましょう。
4. フレーバーウォーターを作る:白湯にレモンやスライスした新鮮な果物を入れたり、茶葉を入れて冷たいお茶を作ったりします。
5. 1500mlの水を飲む:毎日少なくとも1500mlの白湯を、数回に分けてゆっくりと飲むことを習慣にしましょう。

水を十分に飲んでいますか? 尿の色でわかる

通常、人間の尿は透明で、色は淡黄色から黄褐色までありますが、時には食べ物や薬、ビタミン、病気の影響によって尿の色が変化することがあります。そのため、尿は水分補給の必要性を示す簡易的な指標となり、日常的に健康状態を見直すことができます。

自己観察で黄色やウーロン茶色の尿が出た場合は、重度の脱水状態である可能性があり、すぐに水分補給が必要です。強いお茶の色に見える場合は、極度の脱水状態である可能性があり、医療機関の受診をお勧めします。

(翻訳・李明月)

曾晏均