妊娠23週で生まれた赤ちゃん 母親の暖かい抱擁が命をつなぎとめる

コメント

英国の未熟児は、母親のお腹に約23週間しかいなかったため、出生時の体重は1ポンド強(約539g)でした。幸い、医師の助言もあり、母親の長時間の温かい抱擁が、赤ちゃんの命をつなぎとめました。

総合メディアの報道によると、33歳のエイミー・ダットンさんはイギリスのサウスヨークシャー州バーンズリーの出身です。半年以上の間、エイミーさんの気持ちは複雑でした。

エイミーさんと夫のスコット・ダットンさんには、7歳の男の子チャーリーくんがいます。喜ばしいことに、エイミーさんは昨年(2021年)双子を妊娠していましたが、同じ年の12月2日、妊娠23週4日で、胎児の1人であるドッティちゃんが子宮内で死亡しました。

その日、医師はエイミーさんに緊急手術を行い、ドッティちゃんを別の胎児であるエルシーちゃんから分離しました。数時間後、体重がわずか1ポンド2オンス(約510グラム)の女の赤ちゃんエルシーちゃんが生まれ、医学的には超未熟児(在胎28週未満)と定義されています。

エルシーちゃんが生まれた後、エイミーさんが娘を抱くことができたのは、医師が赤ちゃんを新生児集中治療室に運ぶまでのわずか30秒だけでした。

さらに心配なことに、医師はすぐにエルシーちゃんの腸に穴を発見し、壊死性腸炎と診断し、手術を行う必要がありましたが、医師は赤ちゃんが手術に耐えられないかもしれないと警告しました。しかし、彼女は勇敢にそれを乗り越えました。

その後、エルシーちゃんはさまざまなチューブをつながれ、集中治療室でのさまざまな困難を克服し、さらに1か月間無事に乗り切りました。

そして、医師はエイミーさんに、エルシーちゃんを生かすには「カンガルーケア」と呼ばれる母親の抱擁が最も有効であると告げました。未熟児の心拍を強くして整え始めるには、母親の心拍を至近距離で感じさせ、子宮内を疑似体験させることが一番だと医師は説明します。

▶エイミーさんとエルシーちゃんの写真はこちらをクリック

そこでエイミーさんは、毎日何時間も娘を胸に抱くようになり、娘がどんどん強くなっていくのを見守りました。

エイミーさんは、赤ちゃんを再び抱くために長い間待っていたことに大きな意味があったと言います。「娘を抱きしめてモニターを見ると、心拍数が徐々に低下してリラックスし、自分でもストレスが軽減されたように感じた」と彼女は言います。

セントジョージ大学病院の小児科臨床ディレクターであるシホ・フランシス博士は、エルシーちゃんのような未熟児にとって、臨床的介入は重要ですが、親の関与も大きなプラスの影響を与える可能性があると述べています。

また、セントジョージ病院の在宅ケアコーディネーターであるボビー・エバーソン氏は、「カンガルーケアは、オキシトシンという気持ちよさや愛されていると感じるホルモンを大幅に増やすため、母親の母乳量を大幅に増やすことができます」と付け加えました。

このような経過を経て4カ月が経ち、さらに1カ月間バーンズリーの別の病院で過ごした後、エイミーさんはついに、英国で生存した最年少未熟児の一人であるエルシーちゃんを連れて待望の我が家に戻ってきたのです。

エイミーさんの家族はまだ、もう一人の赤ちゃんを失った悲しみから立ち直れないでいますが、エルシーちゃんの回復と退院を喜んでいます。

「彼女は本当にすべてを克服しました。彼女はただ素晴らしいです。まだ酸素吸入をしていますが、医者に行くたびに必要な酸素の量を減らされ、もうすぐ酸素吸入をやめられます」「あれほど不確実で不安だったのに、彼女を家に連れて帰れるなんて、私たちは本当にラッキーで恵まれています!」とエイミーさんは言います。

(翻訳・里見雨禾)

張雨霏