中共はなぜ「ペロシ氏を撃ち落とさなかった」?【橫河観点】
横河観点
横河観点

周知のとおりアジア歴訪中のペロシ米下院議長は2日夜に、中国側の強い反対を押し切って、台湾を電撃訪問しました。

ペロシ氏は台湾到着後に発表した声明で、「今回の訪台は台湾を見捨てないという米国の姿勢を明確にするためのもので、長く維持してきた米国の方針と矛盾するものではない」と話しています。

「ペロシの訪台が世界に与える影響」やなぜ中共は一部の中国人愛国ネット民らが切望しているような「衝突」ひいては「開戦」ではなく、台湾周辺での大規模な軍事演習や経済制裁などの対抗措置だけで事を済ませようとしているのか、といった多くの人が気になっている事についてお話ししたいと思います。

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

関連動画