夜間、何度も排尿で起きる? 医師が語る8つの理由とは(2)

コメント

(続き)

5.加齢による不眠

また、高齢者は眠りが浅くなりやすく、夜中にトイレで起きることが多いです。原因としては、脳の変性、サルコペニア、夕暮れ症候群レストレスレッグスなどが関係しています。

林志豪氏によれば、脳の変性はメラトニンの生成を減少させ、また、脳内で感情を司る扁桃体も退化しているため、高齢者は不安になりやすく、睡眠にも影響を及ぼすのだそうです。

高齢者の活動量が少ないとサルコペニアになり、軽い睡眠障害になることもあります。筋力トレーニングは、リハビリの施術者やフィットネスインストラクターの助けを借りて行うことができます。筋力が向上することで、高齢者は気分から睡眠に至るまで、より良い睡眠をとることができるようになるのです。

認知症の高齢者の中には、夕暮れ時に認知機能が非常に混乱し、夜と昼を間違えたり、窓の外の風を過去の記憶と結びつけて空き巣と間違えたりするなど、不安で眠れなくなる「夕暮れ症候群」を起こす人がいます。そのため、夕暮れ時には厚手のカーテンを下ろして、外からの光や影を遮断するのが有効です。

また、ベッドに横になっていると足が不快になり、立ち上がって歩かないと気が済まないという人もいます。これはレストレスレッグス症候群と呼ばれ、脳の変性や鉄欠乏性貧血が原因である可能性があります。

6.血行不良

末梢血行不良や浮腫により、夜間に頻尿になることがあります。立っているときは体内の水分が足にたまり、横になると末梢の水と血液が心臓に戻り、腎臓に循環して尿がつくられます。 血行不良の人は、夜間頻尿になりやすいと言われています。

水腫のある人は、午後遅くから日没前に弾性靴下を履いたり、足を高く上げ、水分の戻りと静脈血流を促し、日中に多くの水分を排出できるようにするようにしましょう。

張美玉氏は、高齢者は昼間に仮眠を取る場合、横になって足の下に小さな枕を置き、足を少し高くする姿勢を保つことを勧めています。

7.日中の睡眠時間が長く、昼寝をする時間も遅い

日中の睡眠時間が長すぎると、夜間の睡眠不足になりやすく、トイレで頻繁に起きてしまうこともあります。医師は、午後に30分ほど昼寝をすれば十分だと考えています。林志豪氏は、高齢者が昼寝をする習慣があれば、午後の運動能力は向上するが、昼寝の時間は午後1時から3時の間にするべきだと指摘しています。

8.夜間に大量の水分を摂取したり、薬の影響を受ける

良質な睡眠を得るためには、水を飲む時間を調整することも必要です。台湾の小港高美泌尿器科クリニックの張美玉氏によると、朝は多めに、昼は適量、夜は少なめに水を飲むといいそうです。

夕食は遅い時間に摂らない、食べ過ぎないことを意識しましょう。タバコやお酒、コーヒー・紅茶の摂取を控え、薬を服用している場合は、気管支拡張剤などの成分に伴う副作用が睡眠に影響しないか、利尿剤が含まれていないかなどを医師に尋ね、服用のスケジュールを調整しましょう。
 

(翻訳編集:香原咲)
蘇冠米