口内炎が再発?塗ってすぐに痛みを和らげ、傷を修復します

コメント

口内炎の痛みには、どの薬が良いのでしょうか。 1日3回、食後に綿棒でハチミツを患部に塗り、市販の痛み止めクリームや処方されたステロイドクリームと比較し、様子を見てください。

口内炎は、しばしば口内潰瘍と呼ばれ、口腔粘膜の最も一般的な病変であり、それが引き起こす痛みは何千年もの間人々に影響を与えてきました。ただれという名称は、古代ギリシャの医師、ヒポクラテス(紀元前460年頃生まれ)が「頭、耳、陰茎の傷の治療に蜂蜜を使うこと」を勧めたのが始まりとされます。

しかし、JAMA dermatology誌の論文によると、紀元前2600〜2200年まで遡って、傷の治療薬として蜂蜜を使用したことが記録されているとのことです。 中国では古くから蜂蜜を使って傷を治すことが知られており、おそらく人類最古の傷の治療薬といえるでしょう。
現在までに、蜂蜜は慢性潰瘍を含む多くの種類の傷の治療に成功裏に使用されています。

はちみつの効果については、以下のような検証がなされています。

●火傷の治療

ハチミツは、茹でたジャガイモの皮に比べ、火傷の治療にも非常に有効です。 1996年に雑誌「Burns」に掲載された研究では、火傷の治療に加熱したジャガイモの皮で作った湿布を使った場合に比べ、蜂蜜はその抗菌性によって2倍の治療効果があることがわかりました。 ジャガイモの皮を傷口に塗ることは、発展途上国で使われている火傷の重要な治療法です。

●傷跡の修復

感染症対策として抗生物質を使用した場合、治癒の質は、残された傷跡の大きさなどの審美的な外観で測られることが多いといいます。 はちみつは傷跡を目立たなくする効果があるのでしょうか。

イランの研究者が行った無作為化臨床試験では、形成外科の患者さんの手術の傷口半分を従来のガーゼで覆い、残りの半分にハチミツを塗りました。 治癒後、ハチミツを塗った側は、ガーゼで覆った側に比べて、傷口が小さくなっていることがわかり、ハチミツを用いた治癒法が良好であることが示唆されたのです。

●口内炎の痛み止め

口内炎に対するハチミツの効果を検証するため、19の事例を調べたところ、テストしたすべての患者が、最初は口内炎に激しい痛みを感じていましたが、ハチミツを傷口に塗ってからわずか1日で痛みが大きく軽減されたのです。

実際、3〜4日目には潰瘍の痛みが完全に消失するケースがほとんどですが、92%の患者さんでは、ハチミツを使った治療を1日行っただけで痛みが消失しています(※このテストでは対照群を設けていないため、他の治療法との比較はできていません)。

ハチミツは、痛みを和らげ、傷を修復し、傷跡を薄くする効果もある天然のスキンケア製品です。 (Shutterstock)

ハチミツは口内炎に最も安全で効果的な薬である

現代医学では、蜂蜜の口内炎に対する治療効果は、その効果の根拠が主に逸話的であったため、無視されてきました。 幸い、2013年に「Journal of Dentistry and Oral Hygiene」に掲載された無作為化比較試験では、蜂蜜とステロイドジェルの治療効果を比較することができました。

研究者たちは、口内炎の被験者をランダムに3つのグループに分けました。 1つのグループは市販の痛み止めクリームを、1つのグループは処方されたステロイドクリームを、もう1つのグループは市販の蜂蜜のみを、滅菌綿棒で直接潰瘍に塗り、1日3回、食後に使用しました。

その結果、市販のクリームを使用したグループでは、4日目に痛みが半減し、8日目には消失したことがわかりました。 処方されたステロイドを使用したグループでは、2日で痛みが半減し、4日目には消失しました。

では、ハチミツを使った被験者はどうなったのでしょうか。なんと、1日で完全に痛みが取れたのです。しかもハチミツは薬の約500倍も安いです。また、ステロイドや鎮痛剤ではそれぞれ3〜4日かかるのに対し、ハチミツでは1日で潰瘍が半減するそうです。

抗生物質の外用は、時にアレルギー反応や歯の変色など様々な副作用を引き起こすことがありますが、蜂蜜の外用は、全身または局所的な副作用なしに潰瘍の治癒を著しく早め、痛みを和らげることができます。また、抗生物質のように耐性がないことも、ハチミツの利点です。

どのような方法で口内炎を治療するにしても、症状が続くようであれば、他の基礎疾患を除外するために、専門医の診察を受ける必要があります。 炎症性腸疾患や急性壊死性潰瘍性歯肉炎など、慢性潰瘍性口腔病変を呈する疾患は数多く存在します。

また、「アフタ性潰瘍の診断上の留意点」では、口腔内潰瘍症状を伴う可能性のある「Sweet症候群(別名:急性熱性好中球性皮膚症)」と「magic症候群」についても言及しています。

著者概要:マイケル・グレーガー医学博士、米国生活習慣病学会会員、医師、ニューヨークタイムズのベストセラー作家、多くの重要な公衆衛生問題についての国際的に認められた専門家の講演者。 議会での証言、「ドクター・オズ・ショー」や「コルベール・レポート」に出演し、センセーショナルな「肉類の名誉毀損」事件では、オプラ・ウィンフリーの弁護のために鑑定人として招かれたこともある。

この記事は「Nutrition Facts」に掲載されたものを、The Epoch Timesの許可を得て英語、中国語、日本語で転載・翻訳したものです。

(翻訳編集:里見雨禾)