インフレの今だから知ってほしい マーケティング戦術に打ち勝つ12のヒント(2)

コメント

(続き)

8.価格決定単位の不一致

一部の製品はキログラムで、他の製品はグラムで表示され、価格を比較するのを難しくしています。

9. 「1つ買うと1つ無料」のトリック

「1つ買うと1つ無料」というのは魅力的な言葉です。一部のスーパーマーケットでは、「1つ買うと1つ無料」、つまり買い物後に一つプレゼントを渡すことをしています。これは多くの場合、正規商品と一緒に有効期限の近い商品を渡していることがあります。一見、お得なようですが 、すぐに食べずに放置してしまうと損をしてしまうのです。

10. 一部の低価格商品を使った誘導

一部のスーパーマーケットでは、食品や日用品の価格を比較的低く設定することで、この店の物は安いと錯覚させ、他のカテゴリの商品を多く購入するよう誘導しています。

11. 無料の試食や試飲

誰もが無料の食べ物が好きです。ある研究では、75%が無料の試飲サンプルを受け入れることが明らかになっています。 

なぜ無料サンプルはとても効果的なのでしょうか。これは、私たちの根深い相互本能を目覚めさせます。つまり、快く無料の食べ物をくれた人には恩返しする必要があると感じることです。無料の食べ物はまた、私たちの食欲をかき立て、例えば、新作のチョコレートの試食などは、一度食べると忘れられなくなり、あなたは購入したいと思ってしまうのです。

12. 店内音楽が売上に影響を与えます

スーパーマーケットで流れている音楽は、あなたのショッピング習慣に影響を与えます。穏やかな曲調は人々に時間の流れが遅いと錯覚させ、滞在時間を伸ばし、より多くの商品を手に取るように誘導しています。

同時に、音楽はあなたが買うものにも影響を与えます。研究によると、酒類専門店でクラシック音楽が演奏されれば、人々はより高価なワインを買うことが分かっています。また、フランス音楽を流すと、フランスワインがドイツワインよりも多く売れ、その逆の効果もあることを発見しました。

お金を節約する買い物時に役立つヒント

以下のヒントは、スーパーマーケットでのお買い物の際に、あなたが必要なものだけを購入することに役立ちます。

●「買うものリスト」を作成し、リストに書いてあるものだけを買う

●あらかじめ予算を設定しておく

●お買い物の際は、現金のみにする

●空腹時の買い物は避ける

(完)