新型コロナ予防で6つの大失敗  専門家が伝える「真の鍵」とは(1)

コメント

査読性の医学雑誌「The Lancet(ランセット)」の最新記事によると、ワシントン大学の健康指標評価研究所(IHME)は、新型コロナウイルスの流行による世界の死者数が今年5月末時点で690万人を超え、公式にカウントされていない死者も多いため、実際の死者数は1700万人以上に達する可能性があると推定していると報告しています。この驚異的な数字は、世界的な大失敗であると委員会は述べています。

この記事は、新型コロナウイルスへの対応における6つの大きな失敗を指摘しています。

1.予防の失敗、2.合理性の欠如、3.情報の透明性の欠如、4.共通の公衆衛生ガイドラインに従わなかったこと、5.具体的協力の欠如、6.国際連帯の欠如。

ランセット誌は何を物語っているのでしょうか。この記事について、私の感想を述べたいと思います。

世界的な防疫失敗? 正しいウイルス対策はこれだ

第一の教訓 – 予防は失敗する

流行が始まった当初、世界のほとんどの国では、鎖国、入国禁止、ワクチン開発など、非常に積極的な対策がとられましたが、これらの対策は「防役」という点では的外れでした。

イギリスでは、ワクチン未接種の若者36人の鼻に新型コロナウィルスを注射し、その半数が感染しなかったという挑戦的な実験が行われ、この人たちがなぜ感染しなかったのかが予防の主眼とされています。

イギリスの挑戦的な人体実験(健康1+1/大紀元)

実は、病気予防には、一人ひとりの免疫力を高めることが大切なのです。

体の免疫システムは非常に繊細で、陸海空が形成する防衛網のように、何重もの防御層によってウイルスを効果的に排除することができます。免疫システムの最初の防御線は、皮膚、鼻毛、涙などの物理的なバリアで、ほとんどの病原体が体に侵入するのを防いでいます。

免疫系の第二の防御線は、上皮のインターフェロンバリアです。上皮細胞にウイルスが侵入すると、細胞は自動的に抗ウイルス機構を活性化し、インターフェロンを産生します。インターフェロンはウイルスの天敵で、細胞と協調してウイルスと戦う指示を出し、ウイルスの複製を阻止します。

たとえウイルスが血液中に侵入しても、私たちは血液中のマクロファージや樹状細胞、ナチュラルキラー細胞など、自然免疫と獲得免疫細胞のバリアで身を守り、抗ウイルス免疫に重要な役割を担っているのです。

どのような病気であっても、ウイルスはあくまで外的要因であり、病気になるかどうかはその人自身の体調によって決まるということを理解しておくことが大切です。免疫システムそのものの問題を見つけ、できるだけ早く修正することができれば、外的要因は関係ありません。

流行を解決する鍵は、人々のウイルスに対する自然免疫を高めることです。

防疫には合理性と客観的事実の明確な理解が必要です

第二の教訓-合理性が不十分

合理性とは、客観的な事実に基づいて的確な判断や意思決定を行う能力のことです。

ワクチンの研究開発において、不合理な行動とは、有効性と安全性の十分な証拠なしに、やみくもにワクチンを推し進め、人々に普及させることを指します。現在、ワクチンには以下のような限界があります。

1.感染を防げない

中和抗体は主に人間の血液中で作られますが、ウイルスに対する体の抵抗力の最前線である粘膜上皮細胞では作られません。したがって、最初の2つのバリアが弱く、多孔質であっても、ウイルスは血流に入り込み、感染を引き起こすことができるのです。

2.更新する必要性

ワクチンは常に開発される必要があります。例えば現在のワクチンは2020年からの、古いウイルスの遺伝子配列がそのまま使われています。

3.開発に時間がかかる

ワクチンの開発には平均5〜10年かかり、上市(市販する)までには有効性と安全性を評価するための大規模な動物実験とヒトでの実験が必要です。しかし、ウイルスは急速に変化するため、ワクチンの開発はウイルスの変異速度に匹敵するものではありません。異なるウイルスの亜種をターゲットにするためにワクチンを頻繁に投与すると、抗体依存性増強効果(ADE効果)を引き起こし、ワクチンが効かなくなる可能性があります。

4.自然免疫には及ばない

ウイルスに対する身体の自然免疫は、単にT細胞を刺激するワクチンによる免疫よりもはるかに耐久性があり強力であることが、多くの研究により示されています。

また、ワクチンの成分である新型コロナウイルスの表面にある刺すようなタンパク質は、細胞表面の受容体に結合するだけでなく、心筋細胞障害、血管障害、ミトコンドリア障害、慢性炎症状態の誘発など、それ自体が毒性タンパク質であることが基礎研究で明らかになってきています。

このような状況で、刺すようなタンパク質をテンプレートとして人体に刺激を与え続けることは非合理的であり、有害である可能性があります。

ワクチンの安全性の問題でストレスがかかり、社会全体が緊張状態になることで、過度の心理的ストレスがかかり、体内でストレスホルモンが過剰に放出され、ウイルスに対する抵抗力が低下することさえあります。

そのため、積極的な取り組みではなく、流行の法則に従って、人を「数」ではなく「命」として扱い、過剰な投薬や過剰な予防をせず、食事や栄養、休養、精神的安定を確保して、流行に対応することが必要なのです。

(つづく)