中国投資減速 3つの要因とは?|【ノイズカット:01】
時事ノイズカット
時事ノイズカット
金丸真弥

本日は、中国市場への外国からの投資が減速している件についてお話いたします。これからの世界経済の動向を判断する情報の一つとしてお役立てください。日本は2010年に世界第2位の経済大国の座を中国に譲りました。

その前年2009年の日本の対中直接投資は、当時の世界的な金融危機の中でも、12.4%増の 41 億497 万ドルとなり、中国にとって日本は、1位の香港、2位の英領バージン諸島に次いで第3位でした。今、その中国投資に陰りが見えています。今後の中国投資の動向を見極め、日本の選択に活かされることが望まれています。

Chapter

1)要因は3つ

2)情報の壁、投資保証の欠如、投資家のリスク

3)中国の経済低迷と政治リスク

4)「中国を除くアジア市場」の出現

5)習近平は民間に期待、その効果は?

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額! 👉https://eptms.jp/Investment-sub

🔵 もっと見る 👉https://www.epochtimes.jp/tv

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epocht

⭕️GANJINGWORD👉 https://www.ganjing.com/ja-JP/channel/1fnf443akc6ctzfSGMl4nIrT01vp0c

関連動画