中国金融危機勃発 責任負わされる李強【時事ノイズカット:54】
時事ノイズカット
時事ノイズカット
金丸真弥

◆【神韻2024日本公演ウェブサイト】

https://ja.shenyun.com/

チケットセンター 0120-91-8487

—————————————————————–

◆【エポックタイムズ購読会員申込】

先ずは下のリンクから、新規「無料会員登録」へどうぞ!

https://desk.epochtimes.jp/register/

最近の十数年間にわたり、中国共産党(中共)はいわゆる「小グループによる国家運営」のモデルを採用しています。これらのグループのリーダーはすべて中共党首、習近平が兼任し、その後これらのグループは様々な委員会へと変貌し、国務院のシステムから離れ、習近平個人が直接責任を負い、権力集中を進めてきました。

実際、これは個人独裁の政治体制のモデルのひとつと言えます。これにより、以前の集団指導体制は変更されました。しかし最近、この状況に変化が見られます。

先日、中央金融作業委員会の主任が国務院総理の李強に交代しました。中国が金融危機の真っ只中にある現在、党首の代わりに部下が責任を負うという、中共の歴史を通じて見られた事態が再び起こるのでしょうか?

本日はこの話題について、皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

今日の動画を見終わったころに、皆さんは、中国経済が深刻な状況に陥っている現状について深く認識することになると思いますので、どうか最後まで動画をご覧ください。

本日の構成

1.金融危機の勃発の責任は?

2.責任者に李強

3.責任転嫁は常套手段

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額! 👉https://eptms.jp/FinancialCrisis-Sub

🔵 もっと見る 👉https://www.epochtimes.jp/tv

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

⭕️ GangJingWorld 👉 https://www.ganjing.com/ja-JP/channel/1fnf443akc6ctzfSGMl4nIrT01vp0c

関連動画