美容と健康 塩分は控えめに

2015/09/20 07:00

 美しい肌を保つには、まず身体の中から。何よりも大切なのが、毎日の食事です。忙しくて外食ばかりという女性はいませんか?外食は味付けが濃いめなので、注意が必要です。

塩分の摂りすぎはシワの原因に

 フランスには、こんな諺があるそうです。「美女は山奥にいて、海辺にはいない」。海の近くに住んでいる人は、海水や海風の影響で、肌にダメージを受けています。塩分の取り過ぎは腎臓などの臓器を傷つけるだけでなく、肌の老化を促し、老けて見える原因となります。塩分の摂りすぎによる主な症状は、以下の通りです。

  • 肌がくすみ、しわが増え、実際の年齢より老けて見える
  • そばかすやシミが出やすくなる
  • 髪の毛がパサつき、抜けやすくなる
  • 顔がむくむ

 塩分は一日3gの摂取で生理需要を維持できるので、一日の摂取量は多くても6gを超えないようにした方がいいでしょう。

(翻訳編集・蘭因)

関連記事
注目記事
^