印刷版   


豪インフレは緩和の見通し、干ばつ影響が不透明要因=財務相

 オーストラリアのコステロ財務相は25日、今後はインフレが緩和するとの見通しを示した。ただ、干ばつが続いているため、それが食品価格に及ぼす影響が不透明要因だ、と指摘した。 

 同相は「今後は、熱帯性低気圧による一時的なショックが徐々に和らいでいくため、インフレに及ぼす中期的な影響は緩やかなものとなるだろう」としながらも「干ばつが食品価格に与える影響が、インフレ見通しに若干の不透明感をもたらしている」と語った。

 [メルボルン 25日 ロイター]

 (06/10/25 13:33)  





■関連文章
  • EU、中国に経済の対外開放推進を要請(06/10/25)
  • 米FRB、インフレを依然として非常に懸念=9月20日FOMC議事録(06/10/12)
  • ECBが0.25%利上げ、物価動向を「非常に注意深く監視」(06/10/06)
  • 米インフレ、最悪は過ぎ去った=セントルイス連銀総裁(06/09/30)
  • 米FOMCがFF金利を予想通り据え置き、インフレ懸念は示す(06/09/21)
  • 世界経済成長は07年も堅調、各国中銀はインフレ圧力注視すべき=ECB総裁(06/09/12)
  • 私は中共に騙された=欧州議会副議長(06/09/01)
  • オーストラリア政府、パキスタンでテロ攻撃の可能性があると警告(06/08/22)
  • 米FRB政策の今後の焦点、投資家の見方分かれる=メリルリンチ調査(06/08/16)
  • 現代中国経済に見られる「四つの怪奇現象」(06/07/21)
  • ユーロ圏インフレ率、当面2%上回る状況が続く=ECB専務理事(06/07/11)
  • パイナップル、ガン制圧に新たな望み(06/06/21)
  • 5月の米コアCPIが予想上回る+0.3%、追加利上げの公算高まる(06/06/15)
  • サッカー=ジーコ監督、「我々は厳しい状況に立たされている」(06/06/13)
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)