印刷版   

安保理非常任理事国、中南米枠決まらず24時間の検討期間入り

 国連総会は17日、年末で任期が切れる安保理非常任理事国の中南米枠を決定するための投票を継続した。しかし、候補となっているベネズエラとグアテマラが決定に必要な票数を獲得できず、決着が付かないまま、打開策を検討するため24時間の検討期間が設けられることになった。

 ブラジル国連大使によると、中南米・カリブ海諸国が、19日まで投票を見送り、現状を検討するための非公式協議を行うことで合意した。ベネズエラとグアテマラはこれに同意したが、いずれも候補国を辞退していない。

 投票は、16─17日に合わせて22回行われ、同数となった1回を除く全投票で、グアテマラがベネズエラの得票を上回った。しかし両国とも、確定に必要な3分の2の票を獲得できていない。

 この投票は、反米を唱えてアジア、アフリカ、中東で同盟を模索するなどしているベネズエラと米国が影響力を競う形となっている。

[国連 17日 ロイター]

 (06/10/18 14:25)  





■関連文章
  • 次期国連事務総長、北朝鮮担当特使を指名の方針=英紙(06/10/17)
  • 北朝鮮の6カ国協議復帰、制裁終わらせるには不十分=駐日米大使(06/10/16)
  • 西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議の貨物検査、大半は陸上で対処可=米国連大使(06/10/16)
  • 再送:ベイルートの国連本部付近でロケット弾攻撃、4人が軽傷(06/10/16)
  • 北朝鮮、国連制裁決議を拒否(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議:中国の外交辞令に惑わされず、行動を注視すべき=米国シンクタンク(06/10/15)
  • 北朝鮮への国連制裁決議案をめぐる中国当局の策略(06/10/14)
  • 国連の北朝鮮制裁決議案、採択は14日の可能性(06/10/13)
  • 米国、13日までに北朝鮮制裁めぐる国連安保理での採決模索(06/10/13)
  • 中国臓器狩り:世界各国の反応、中国当局の矛盾する反論(06/10/12)
  • 中国、北朝鮮への国連制裁決議案に難色=日米国連大使(06/10/12)
  • 北朝鮮に対する一定の懲罰的措置は必要=中国国連大使(06/10/11)
  • 日本、対北朝鮮の国連制裁決議案に盛り込む措置を提案(06/10/11)
  • 北朝鮮に対する国連制裁の可能性は否定できず=中国(06/10/11)