印刷版   


バグダッドで自動車爆弾が爆発、少なくとも51人が死亡

 イラクの首都バグダッドで2日、イスラム教シーア派地区の青果市場で複数の自動車爆弾が相次いで爆発し、少なくとも51人が死亡した。

 イラクのマリキ首相とブッシュ米大統領は先月30日、首脳会談で同国の内戦回避策について協議したばかりだった。

 ただバグダッドでは先月23日にも、自動車爆弾などによる攻撃で、米国による侵攻後としては最大規模となる200人以上の犠牲者が出ていた。

 [バグダッド 2日 ロイター]

 (06/12/03 18:52)  





■関連文章
  • イラクのマリキ首相は「強力な指導者」=ブッシュ米大統領(06/12/01)
  • ブッシュ米大統領、イラク駐留米軍を維持するとあらためて表明(06/12/01)
  • 米国のイラク検討グループ、米軍のイラクでの役割シフトを勧告へ=関係筋(06/11/30)
  • 米イラク首脳会談が延期、イラク首相批判メモが原因か(06/11/30)
  • イラン大統領、イラク治安回復で全面支援を表明(06/11/28)
  • 米イラク首脳会談、イランとの協議検討へ=米政府(06/11/28)
  • イラク北部の自爆攻撃で22人死亡、首都でも202人(06/11/25)
  • バグダッドの連続爆発で160人死亡、市内に外出禁止令(06/11/24)
  • 英軍、バスラの治安権限は来春にも移譲可能=外相(06/11/23)
  • ブッシュ米大統領、29─30日にヨルダンでイラクのマリキ首相と会談(06/11/22)
  • シリアとイラクが国交完全回復で合意、26年ぶり(06/11/22)
  • イラク大統領が今週末にイラン訪問、アハマディネジャド大統領と会談(06/11/21)
  • イラク政府、今週中にシリアとの国交正常化(06/11/21)
  • イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放(06/11/15)
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)