印刷版   


景観射灯に集まった大量の蛾、焼け焦げ道路に散乱=北京

 【大紀元日本8月6日】北京市朝陽区双井付近で8月4日、景観射灯に集まり焼け落ちたカトリガの死骸が道路を覆った。このような痛ましい情景に通行している人々は足を止めていた。ここ最近、多くの市民が自分の家や職場付近に大量のカトリガが現れているのを見ているが、何が原因かは分からないという。中国科学院動物研究所の専門家はこのカトリガの幼虫は“草地螟”というよく見られる害虫の一種で、近年中国北方でよく大量発生していると話した。

 昨日午後11時、朝陽区双井付近にある十数組の景観射灯が強い光を放っていた。群れをなしたカトリガの大群が発熱した射灯に集まり焼け落ちた後、死骸が道路に積もり付近の空気には焦げた匂いが充満していた。

 カトリガは体が小さく見た目は三角形で茶褐色をしており、羽根には模様がある。

 通りを通行する人々はこの痛ましい様子に次々と足を止め、携帯電話のカメラで撮影する人もいた。

 「カトリガが明りに当たって燃えるのは珍しいことではないが、これほどたくさんの蛾がここに集中しているのは初めてだ。見たところ1万匹以上いるだろう」と通行人の一人が話していた。

 昨日、前門高速公共交通中央駅内でも大量の蛾が発生している。職員の劉さんの話では、朝、駅構内の壁にカトリガがびっしりとはりついていた。たくさんの蛾が事務所に入り込み、仕事に支障が出た。

 「太陽が出てきたら蛾は飛んでいってしまった」劉さんは、前にもこの種類の蛾は見たことがあるが、これほど集中して現れたのは初めてだという。

 中国科学院動物研究所昆虫分類学研究員の武春生氏はカトリガの写真を指し、これはよく見る害虫の一種”草地螟“の成虫で、今頃の時期が羽化期にあたるという。「特に数日前に雨が降ったばかりで湿った環境で陽が射しこれらの昆虫が集中して羽化し成虫になった」という。

 武氏の話では集中して羽化した後の昆虫は、照明灯に引き寄せられて集まる。羽化した後の成虫の寿命は一週間ほどだという。

 (翻訳・坂本)

 (08/08/06 01:58)  





■関連文章
  • 北京五輪:人権団体、労働収容所ガイドを発表(08/08/06)
  • 【北京コレクション】(13)北京に暮らす人々③(08/08/04)
  • 北京、海外報道関係者を制御開始=仏メディア(08/08/02)
  • 五輪目前、北京市周辺の省市で大停電開始(08/08/02)
  • 来日予定の中国民主活動家、香港で入国拒否される(08/08/02)
  • 北京五輪、市内は公衆トイレ不足(08/08/01)
  • 北京五輪:金メダルに隠された莫大なコスト(08/07/31)
  • 8月3日【大紀元セミナー】チベット弾圧、四川大地震、北京五輪…中国はどこに行くのか?(08/07/30)
  • 北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参(08/07/30)
  • 北京五輪トーチリレー、史上最多の火が消えた記録(08/07/29)
  • 五輪トーチ到着前夜、大火災発生=中国河北省(08/07/29)
  • 「中国台北」から「中華台北」に=五輪出場表示名称、台湾の抗議に北京が妥協(08/07/27)
  • 新華社・胡錦涛青島視察報道写真、実は合成(08/07/27)
  • 【北京コレクション】(12)北京に暮らす人々②(08/07/27)
  • 天安門事件写真掲載、「新京報」緊急回収=北京(08/07/27)