印刷版   

豆乳は牛乳の代わりにはならない=専門家

 【大紀元日本10月1日】有毒粉ミルク事件発覚後、消費者の乳製品に対する疑惑は払拭できず、豆乳が消費者にとって最もよい代用品となった。しかし専門家は、大人用の豆乳を牛乳の代わりに乳児に与える事を薦めていない。

 同事件以来、豆乳は人気となり、米国コーヒーチェーン店スターバックスでも北京の各分店に乳製品の代用として、豆乳モカ、豆乳ラテのように豆乳を使用するよう要求している。百店舗以上のチェーン店を持つ台資企業の永和豆漿はこの事件により恩恵を受けた企業であり、店は客で満席になり、各大形スーパーの売り場で売られている豆乳粉も供給が追い付かないそうだ。

 安全だが、栄養士は豆乳が栄養面で完全に牛乳の代わりとなるとは考えていないため、乳児には注意が必要だ。これまでの有毒粉ミルクのリスクを経験し、親は愛するわが子の健康についてさらに細心の注意が必要だろう。

 
(翻訳・坂本)


 (08/10/01 06:48)  





■関連文章
  • 停刊処分の中国経済紙、公告開示で当局に対抗(08/09/29)
  • ベトナム:中国製の有毒牛乳18トン発見、市民に警戒呼びかけ(08/09/26)
  • 有毒粉ミルク事件:予想される莫大な被害者賠償請求、 政府が弁護士に圧力(08/09/25)
  • フォンテラ社の中国悪夢(08/09/22)
  • 乳児は有毒ミルク、パンダは輸入ミルク(08/09/22)
  • 中国有毒粉ミルク隠ぺいの影響拡大、強まる国内外の圧力(08/09/21)
  • 有毒粉ミルク事件:WHO、中国に釈明を要求(08/09/20)
  • メラミン、中国有名メーカー数社の牛乳から検出(08/09/19)
  • 牛にエレクトーンで、牛乳生産量アップ(07/08/15)
  • 脱脂牛乳 ニキビの重要誘因(07/05/30)
  • 北海道の牛乳を使った発泡酒「ビルク」が話題に(07/02/15)