印刷版   

【神伝文化】異なる境地での得失観

 【大紀元日本1月22日】
孔子の甥 孔蔑(こうべつ)、孔子の弟子 密子賎(しせん)、二人は共に県の長官を務めた。

 ある日、孔子は孔蔑が就任している県を訪れた。その時節はちょうど春の農繁期だったが、いくつかの田畑が荒れ果てているのが目についた。田畑の傍にいた愁苦な様子の農民に聞くと、この半年の間、税金を十分に納付できなかったため、耕作を禁じられたという。孔子はそれを聞いて憂慮した。

 孔子は孔蔑に会った後、一つの質問をした。「あなたが出仕して以来、何か収穫がありましたか?また、何か損失がありましたか?」。孔蔑は次のように答えた。「収穫は何もありません。その上、三つの損失がありました。一に、政務は多忙で一日中心配でたまらず、研究をする時間さえもありません。それゆえ、勉強しても道理を悟れません。二に、貰った俸禄はお粥の中の米粒ほど少なく、親戚、友人などに配慮することができないため、日々疎遠になりました。三に、公務は切羽詰り、多くの事は礼儀に従って行うことができず、患者を見舞う時間さえもないため、他人の理解を得られませんでした」

 孔子はまた、密子賎が務めている県を訪れた。そこは物産が豊富で、庶民は富裕な生活を送り、人々は誠実で礼儀正しかった。

 孔子は密子賎に会ってから、同じ質問をした。密子賎は「損失は何もありません。しかし、三つの収穫がありました。一に、いかなる事をするのにも、たとえ煩雑な公務を処理するとしても、すべて聖賢の理で指導し真理を実践する機会と見なし、その上でまた勉強すると、更に道理がはっきりと理解できることです。二に、俸禄はお粥の中の米粒のほど少ないけれど、親戚にも一部分をあげ、そのため親戚や友人との関係が更に親しくなりました。三に、公務は緊迫しても依然として礼儀に従い、時間を割いて患者を見舞いに行き、それゆえ皆の支持を得たことです」

 同じ教育を受け、同じ場面に直面し、どうして孔蔑から損失とされたことが密子賎にとってはすべて収穫になったのか?一つの原因は、二人の学ぶ態度が異なることである。孔蔑は勉強がただの勉強で、生活の実践から離脱させたため、真理の真の意味を悟ることができなかった。密子賎は生活を真理を実践する機会と見なし、いっそう真理の内涵を捉えるようになった。

 もう一つの原因は、孔蔑の人柄と処世観は自我を中心に考えており、更に自分の損得を考慮したが、密子賎は他人のことを常に優先的に考慮し、個人の得失を気にせず、それゆえ、損失を収穫と見なすことができた。

 このようにみれば、人柄と処世について、たとえ逆境に直面したとしても、真理を実践することを堅持し仁愛を志とする。あるいは自己に固執して、前進することができない。これは思想の境地の問題である。人生における境地が異なるため、人の処世観、思惟と行為に相違を生じ、最後に違う結果をもたらす。善念を持ち、己を正し、他人を教化し、天の理に合い、民心に応じておりて、やっと道ができ、歩けば歩くほど広くなり、前途はますます遠大で、光明である・・・

(翻訳編集・李頁)


 (10/01/22 05:00)  





■関連文章
  • 【難能可貴】 容易にできないことができる、称賛に値する(09/12/12)
  • 孔子学院:中国共産党の海外宣伝窓口(09/10/11)
  • 【歴史物語】孔子の馬方(09/10/04)
  • 【不恥下問】 目下の者や未熟な者に教えを請うのを恥としない(09/09/18)
  • アルプス近くの湖で、ガラ・リンゴ収穫(09/09/06)
  • 土地収用賠償に不満の村民、警察と衝突=広西チワン族自治区(09/04/02)
  • 中国、海外株投資で800億ドル超巨額損失=英経済紙(09/03/19)
  • 漢字の神秘(14):儒(09/03/15)
  • 【神伝文化】徳をもって天を敬う(09/02/24)
  • 【中国伝統文化】誤りから学ぶ(09/01/01)
  • 中国上海市初の大規模抗議:リストラと工賃未払い、従業者千人3日間連続抗議(08/12/12)
  • 孔子の諭し、「忠信の徳」(08/10/13)
  • 【中国しゃれことばの世界】(1)「孔子様のお引越し」(08/05/26)
  • 四川大地震:経済損失2兆8500億円に達するか、インフレ更に強まる見込み(08/05/17)
  • 米国:商業ミツバチ36%が死亡 作物の収穫に影響(08/05/13)