THE EPOCH TIMES

「文化大革命」を生き抜いた米国人孤児の実話(下)

2010年11月02日 15時25分

 1960年代から70年代にかけて10年間続いた文化大革命の嵐。それは中国の全国民を巻き込んだ粛清運動だった。迫害に耐え切れず自ら命を絶ったり、拷問により命を失った知識人は数百万人から一千万人以上とも言われている。深遠な中華民族の伝統文化もこの時期にことごとく破壊された。そんな狂気の年月を生き抜いた一人の米国人孤児がいた。海外中国語誌「新紀元週刊」は、彼女が遭遇した様々な出来事に焦点を当てた。本サイトでは2回に分けて紹介する。今日はその2回目。
 

*************************************************


 米国への帰国を決心する

 1971年7月、当時の中国ではとても珍しいボーイング707型機が新疆の上空を通過した。西から東に向かうこの飛行機には、当時の米国家安全保障問題担当の大統領補佐官で国務長官のキッシンジャー氏が乗っており、中国との外交関係の回復策を思案していた。自分が乗る飛行機の1万メートル下の地上で、一人の米国人孤児が苦しんでいるのを、長官は知るすべもなかった。

 中学に入学してから、韓秀は祖母から、自分はニューヨークで生まれた米国人であることを知らされた。出生証明書とパスポート、そして、一枚の小さな父の写真も

韓秀は父親のウィリー・ハンエンさんと一度も対面したことがない。これは彼女が持っている父親の唯一の写真(韓秀さん提供)


渡された。そのときから、彼女は祖国米国のことを知るあらゆるチャンスを見逃さなかった。祖母の家柄からか、出入りする人たちといえば、もっぱら文芸界や知識階級の有名人で、米国に留学し50年代に帰国した学者も多く含まれていた。彼女は彼らから、欧米の文化を徐々に理解し、大量の中国人科学者を育てた米国という国のことをある程度知ることができた。新疆ウイグル自治区での困難で苦しい生活の中、彼女は放送職員としての仕事上の立場を利用し、米VOA(注、米国政府が運営する唯一の国営ラジオ放送局。その中国語放送は中国政府に遮断され、受信が禁止されていた。そして違反者には厳罰が下された)をこっそり受信していた。それにより、うっすらと感じていた「アメリカに帰る」という考えが次第に現実味を帯びてきた。

 1974年から、各地に飛ばされていた若者たちが続々と都会に戻り始めた。1976年のある日、_deng_小平の執務室から一枚の便箋が届き、「この人は新疆に留まるべきではない」と書いてあった。この紙切れは韓秀の運命を再び変えることになった。彼女はすぐに北京行きの列車に乗った。当時の彼女はことの経緯については全く知らず、ただ、米中関係が回復し始め、状況がすこし改善されたのだということしか分からなかった。

 北京に戻った彼女は工場に配属された。これもまた、彼女が中国の工場労働者を知るチャンスとなった。彼らは善良だった。しかし、社会の底辺で生きており、給与がとても低いうえ、家庭の負担が重く、居住条件も悪かった。出勤した初日の夜、唐山大地震が起きた。韓秀の自宅は大丈夫だったが、同僚の家は皆倒壊した。彼女は、同僚たちが後片付けできるよう、黙々と同僚のかわりに残業をした。

 党書記は彼女の行動に感動し、何か要求はないかと尋ねてきた。彼女は、文化大革命のときに家宅捜査で押収された出生証明書と米国のパスポートを取り戻したいと話した。党書記はすぐに北京市公安局に打診して、十年も金庫に眠っていたこれらのものを彼女に返してくれた。

 続いて、彼女は北京市公安局の外事部を訪れ、自分が米国国民であるという身元を確認し、帰国を要求した。それを聞いた外事部の人の顔色が真っ青になった。1956年に行われたワルシャワ交渉では、中国政府は、「中国国内に留まった米国人は皆、自らの意思で残留を決めた」と再三に渡り強調した経緯がある。今になって、米国への帰国を言い出したのでは、政府の嘘がばれてしまうではないか。何日かして、公安局のトップの回答が下りてきた。「米国政府であろうが、中国政府であろうが、あなたの資料は期限が過ぎて無効になったと認識している」との結論だった。

 せっかく自分の出生証明書と米国パスポートを取り戻した彼女は諦め切れなかった。アメリカに対する彼女のこれまでの認識では、この国は非常に人権を尊重し、戦死した自国兵士の遺体すら必ず取り戻すのに、ましてや、彼女のような生きている人間はなおさらであろう。そう思った彼女は自転車に乗って、北京市の建国門外にある外国公館の所在地に向かった。当時、米中両国はまだ正式に国交を結んでおらず、ニクソン大統領の訪中後、連絡処を設立しただけだった。そこで、彼女はそこを訪問しようと決めた。

 日壇公園の西南の角に、冬の冷たい風になびく星条旗が彼女の目に映った。周囲には武装警官も見え、各国の大使館もあった。彼女はそのまま家に戻り、「行動計画」を練り始めた。

突入:「私は米国人です」

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^