ニューストップ 国際

ビショップ豪外相が辞任、新政権に痛手

2018年08月27日 10時05分
 8月26日、オーストラリアのビショップ外相(写真)が辞任を発表した。与党・自由党では24日に実施した党首選でモリソン財務相が勝利し、首相に就任したばかり。後任にはペイン国防相が就く。キャンベラで23日撮影(2018年 ロイター)

[シドニー 26日 ロイター] - オーストラリアのビショップ外相が26日、辞任を発表した。与党・自由党では24日に実施した党首選でモリソン財務相が勝利し、首相に就任したばかり。後任にはペイン国防相が就く。

ビショップ氏はバックベンチ(議会の後方席)に退くものの、2019年5月までに予定されている次の総選挙に出馬するかどうかは決めていないと示唆した。同氏は2013年以来外相を務めていた。

与党は1議席差で辛うじて下院の過半数を維持しており、ビショップ氏の辞任は新政権にとって痛手となる可能性がある。

ビショップ氏は党首選でダットン前内相とともに立候補し、第1回投票で敗れていた。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

「中国製造2025」に打撃、豪政府がファーウェイの5G関与を禁止
米フロリダ州のゲーム大会で銃乱射、4人死亡
中国、米記者のビザ更新を拒否 ウイグル問題報道で 
北朝鮮紙、米国の「裏表ある態度」非難
中国、宣伝部門のトップに新人事 王滬寧氏の権限縮小か
焦点:貿易戦争が米企業に迫る「メイド・イン・チャイナ」再考
貞観政要
安泰な時にこそ危難を思う
苦労せず禁酒禁煙に成功 ある弁護士の物語
貞観政要
創業と守成はどちらが困難か?