大紀元時報

目で分かる10の健康問題 虹彩の周りにこの兆候があったら注意!

2019年08月17日 17時38分
Epoch Times
Epoch Times

目は心の窓と言いますが、目は健康状態への窓であることを示す証拠もあります。目が正常に見えないとき、目は目や体のどこかで問題が起きていて、対処しなければいけないことを表しているかもしれません。ここでは、その兆候と症状10種類について、またそれらがどういう健康状態なのかをまとめました。

1. ドライアイ

ドライアイは、涙腺が十分な涙を出せず、目が十分に潤っていない場合に起こる一般的な症状です。人工涙液は間違いなく手軽な治療法ですが、商品や成分があまりに多い時に適切な製品を選択するのが少し難しい場合があります。ビタミンAやオメガ3脂肪酸などの特定の栄養素も、ドライアイに役立つ可能性があります。

©Wikimedia Commons / Grook Da Oger

ビタミンAはレバー、ニンジン、ブロッコリーを、オメガ3はサケ、マグロ、クルミを多く摂取することをお勧めします。ドライアイは糖尿病とも関連している可能性があり、これは涙腺の血液循環を阻害します。涙液が少ないと、涙が少なくなり、目が乾燥します。

2. 視力の変化

視力の良い日と悪い日がある場合。ある日には、物がいつもよりもくっきり、はっきりと見えるかもしれませんが、翌日、はっきり見えなくなり、目が疲れてぼやけているように感じます。たいてい、このような変化は睡眠不足が原因で、目の表面を滑らかに透明に保つ涙を出す身体の能力が低下するのです。

ただし、それは糖尿病が原因の場合もあります。血糖値がコントロールできなくなると、目の細くて脆弱な血管の内側が損傷し、糖尿病性網膜症として知られる視力の変化につながります。実際、100人以上の糖尿病患者を対象とした2014年の研究では、参加者の73%が糖尿病性網膜症を経験したことが分かっています。

3. 突然の視力低下

年齢に関連した目の機能の低下を経験する人は多いです。本や新聞を読む時に、目を近づけたり遠ざけたりして文字を見ていることに気づきますが、最終的には老眼鏡が必要になります。視力がだんだん変化することは通常、数ヶ月または数年にわたって起こり、正常とみなされます。

©Wikipedia / Psiĥedelisto

しかし、突然の視力の変化となると別の話です。視力が急激に悪化した場合、深刻な健康状態を示している可能性があります。多発性硬化症(MS)(目と脳をつなぐ視神経に沿った炎症を伴うことが多い免疫障害)は、突然視力がぼやけたり、色覚がなくなったりすることが起きる可能性があります。視神経に過剰な圧力をかける脳腫瘍も、突然視力を低下させます。

4. 眼瞼下垂

眼瞼下垂症とも呼ばれる下垂したまぶたは、上まぶたの境界が通常よりはるかに低い位置に落ちる状態です。生まれつき眼瞼下垂症の人もいますが、徐々に発症することもあります。

©Wikipedia / Andrewya

眼瞼下垂症は視力と外見にのみ影響を与えるだけで、健康に害はなく、邪魔なだけのこともあります。ただ、他の場合では、重症筋無力症(MG)を含む重度の健康問題の警告サインである可能性があります。これは、まぶただけでなく体の他の部分の筋力低下を引き起こす神経筋疾患です。

5. 眼球突出

片目または両目の異常な膨らみは眼球突出症と呼ばれます。最も一般的な原因は、甲状腺に影響を与える自己免疫疾患であるバセドウ病です。甲状腺は、首の付け根にあり、複数のホルモンを調節して代謝を制御する小さな器官です。

©Shutterstock / Casa nayafana

バセドウ病の影響を受けると、甲状腺を過剰に活性化させる過剰な刺激タンパク質を産生し始めます。その結果、甲状腺が肥大し、過剰なホルモンが代謝を高め、目の後ろや周りの筋肉や脂肪組織が炎症を起こし、眼球を前方に押し出します。

6. 角膜の周りの灰色の環

角膜の周辺に灰色または白の環を発症する人がいます。多くの場合、老人環と呼ばれますが、この症状は主に高齢者に見られるため、ラテン語の「老人」という名前が付けられています。

©Wikimedia Commons / Afrodriguezg

血液の脂肪沈着、脂質が角膜の外側に蓄積すると発生します。灰色がかった色自体による視力の低下や、目の損傷はありませんが、通常コレステロール値が高くなり、心臓発作や脳卒中のリスクが高くなる傾向があります。

7. 眉毛の脱毛

人は年をとるにつれて、髪の毛は一般的に細くなり、まばらになります。これは眉毛でも起こります。しかし、場合によっては、甲状腺疾患の結果として眉毛が薄くなることもあります。甲状腺ホルモンのバランスが崩れると、体毛の成長を含む多くの正常なプロセスが混乱することがあります。摂食障害や鉄欠乏も脱毛の原因になることがあります。

8. 異なる瞳孔サイズ

通常、瞳孔のサイズは両目で同じです。しかし、一部の人々は、片方の瞳孔がもう片方の瞳孔よりもかなり大きいと感じる人もいます。正式には瞳孔不同と呼ばれる不均等な瞳孔サイズは、他には関連していないので健康に害はありません。人口の約20%が該当するので、それほどまれではありません。

©Wikimedia Commons / Russavia

ただし、他の特定の症状を伴う場合、瞳孔不同は健康問題の深刻な兆候である可能性があります。たとえば、ホルネル症候群は、下垂したまぶたや、瞳孔が縮小する縮瞳を引き起こすことが知られています。ホルネル症候群は生命を脅かすものではありませんが、動脈瘤や首の腫瘍を伴うことがあります。

9. 目の黄色い隆起

瞼裂斑と呼ばれる黄色がかった隆起は、白目で成長することがありますが、日光にさらされすぎている可能性があり、太陽の紫外線が主な原因であると考えられています。

©Wikipedia / Sciencia58

瞼裂斑は、屋外で働く時間が多い中年の人により一般的です。しかし、若い人、特にサングラスをかけずに屋外で過ごす人にも起こります。これらは手術で取り除くことができますが、通常は治療の必要はありません。

10. 目の表面の出血

目の表面の出血は医学用語では「結膜下出血」といい、単に結膜(眼の透明な表面)の下の血管が破れているだけです。結膜は血液をあまり速く吸収できないため、しばらくそこに血液が詰まります。見た目はぎょっとするかもしれませんが、結膜下出血では目を傷つけません。実際、細い血管は非常に脆弱であるため、咳や笑い声を上げると破れることがあります。

©Wikimedia Commons / Daniel Flather

充血は通常、治療の必要はなく、1〜2週間で消えます。ただし、暗赤色の目で周囲の人を驚かさないように、ビタミンKの摂取量を増やして、体の血液凝固能力を改善しましょう。ブルーベリー、レタス、アスパラガスなどの食品もビタミンKが豊富に含まれています。
 
免責事項:この記事は情報提供のみを目的としており、専門的な医療アドバイスではありません。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^