大紀元時報

簡単に精神を鍛えるための 5つの方法

2019年09月03日 14時49分
Free-PhotosによるPixabayからの画像
Free-PhotosによるPixabayからの画像

現代において、科学者たちは精神をさらに鍛える方法を模索し続けています。ここでは簡単に精神を鍛えるための5つの方法を取り上げます。

1.瞑想

Carlos AlvarengaによるPixabayからの画像

瞑想をすることで脳を物理的に変化できます。研究によると、定期的に瞑想をする人は、脳の外側に皺ができやすいということです。この皺は情報を処理また保存する脳の能力と関連しています。エール大学の最新の研究は、長期的な瞑想には集中力を高める効果があるということを発見しました。さらに瞑想は海馬部分の皮質の厚さと関連があると見られており、厚さ次第で学習力や記憶力にも影響が及ぼすと見なされています。

2. 運動

skeezeによるPixabayからの画像

定期的に運動をすることで、BDNFとして知られている脳由来神経栄養因子の生産量が増加します。このタンパク質は新しい神経細胞を作り出す役割を担っています。また運動をすると、脳に供給される血液量も増加し、それにより言語機能や認知機能が自然と向上されます。

3.ボードゲームで遊ぶ

Boardgames can give the hippocampus and prefrontal cortex regions of the brain and helpful workout. (WHYFRAME/Shutterstock)

ボードゲームは思考力を鍛える上で効果的な手段です。神経認知能力が要求されるボードゲームは、脳の海馬部分と前頭前皮質にプラスの影響を与えます。これらの部分は種々の認知能力や複雑な記憶能力と関連しています。さらにボードゲームは痴呆やアルツハイマー病といった認知障害の進行を防ぐ助けにもなります。

4.正しい食習慣を保つ

Lukas BieriによるPixabayからの画像

牡蠣、イワシ、サーモン等のオメガ‐3脂肪酸を多量に含む食品は脳にプラスの効果を与えます。これらの食品に含まれるドコサヘキサエン酸には、作業記憶をつかさどる背外側前頭前皮質を活性化させる効果があります。同様にナッツ、緑色野菜、果物等の健康的な食品を摂取するように心掛ければ、精神的敏捷性を高めることもできるでしょう。糖分や加工食品をなるべく控えて、献立に魚を加えてみてもよいでしょう。

5.十分な睡眠を取る

KatinkavomWolfenmondによるPixabayからの画像

睡眠不足が脳の組織の損失に繋がることをある研究は示しています。一般的に睡眠時に脳は修繕やメンテナンス作業を行います。つまり睡眠を取らないと、脳に被害が及ぶことは明らかです。ある研究によると、一日に少なくとも8時間の睡眠を取る人は優れた記憶力を持っているということです。

ここで取り上げた5つの点以外にも、新しい楽器や言語学習に挑戦したり、なるべくストレスを抱えないように心掛けることで思考力を向上することは可能であると研究者たちは確信しています。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^