大紀元時報

【紀元曙光】2020年3月14日

2020年03月14日 00時30分

一昨日の小欄に書いたことを、筆者自身が再び考えている。
▼3月10日、習近平主席が武漢を視察。予定された通りに、現地の第一線で奮闘する人々と交流した。アパートの窓の「住民」から手を振られて、それに笑顔で応える国家主席。なんという美談であることか。
▼誰が見ても「アホかいな」と思う光景だが、やっている彼らもアホらしいと分かっているはずなのだ。そこに配置された全員(習氏も含めて)が、この猿芝居の欺瞞性を知っている。知らずにやっているなら、よほど精神に異常をきたしている人間に違いない。
▼習氏の武漢訪問を伝えるCCTVアナウンサーの口調が、北朝鮮テレビのアナウンサーのそれに、実によく似てきた。さすが同根の有毒植物だけある。そのCCTVの司会者だった李澤華(りたくか)という25歳の青年が、報道者としての使命感に目覚めて職を辞し、武漢に潜入取材を敢行した。彼は、貴重な現地情報を発信したが、その後に拘束されて消息不明になっている。
▼絶対悪というものは、悪の歯車を回し続けなければならないようにできている。止めれば、改心したことになるからだ。アホらしいと分かっていても、それを続ける。20年以上続く法輪功への迫害も、もはや無意味と分かっていながら、今まであまりにも残酷にやってきたため停止できない。臓器狩りも、同様である。
▼中国共産党という絶対悪に対して、明確に弾劾を突きつけられるのは、香港の市民であり、台湾の国民であり、李澤華のような勇気ある中国人だけである。残念ながら日本人は、まだその勇気が足りない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^