大紀元時報

【紀元曙光】2020年9月11日

2020年09月16日 19時14分

19年前の悪夢がよみがえる。
▼現地ニューヨークとは13時間の時差があるため、日本で第一報が伝えられたのは、たしか夜のニュースの時間だった。4機の旅客機を、ほぼ同時にハイジャックした実行犯の目的は、乗客を道連れの自爆テロである。そのうちの2機が、同市で象徴的なツインタワーに突っ込んだ。
▼映画の特撮としか思えない光景だった。しかし、その後に映ったのは、鮮血で顔面を赤く染めた避難者の姿と、真下へ刺さるように崩れるタワーの最期である。あまりの現実に、日本のニュースキャスターも訳が分からない。詳細を知ったのは、翌朝のニュースだった。「9・11同時多発テロ」という名称が、ナイフで切りつけるように人類の歴史に刻まれた。
▼本稿は、9・11について書く予定ではない。テロリズムを、今の中国語では「恐怖主義」と訳している。中共という「党」の支配下にある中国政府も、「我が国は、いかなるテロ行為も許さない」と口では言う。
▼お題目は結構だが、中共は極めて悪辣である。裏で工作員をつかってヤラセ事件を起こし、ウイグル人やチベット人が「テロをやったぞ!」と宣伝しまくるのだ。昔は、「法輪功が集団毒殺事件を起こした」などという馬鹿な報道もあった。もちろん全てウソである。
▼テロリズムの原義は、恐怖主義ではなく、「恐怖政治」である。フランス革命のころ、ジャコバン派を率いるロベスピエールが、反対派を続々とギロチン送りにしたことから、彼をテロリストと呼ぶようになった。本来のテロリズムは「一国の内政における残虐な行為」を指す。(次稿へ続く)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^