【紀元曙光】2020年11月25日

歴史は、まさに定められた通りに進んでいる。
▼大紀元が「中共ウイルス」と呼ぶようになる前、中国武漢の秘密施設にそのウイルスはあった。秘密というからには、軍事目的の施設であることは容易に想像がつく。ところが、できあがったものは人知をはるかに超えていた。現場の科学者にも手に負えない、とんでもない暴れ神が生まれてしまったのだ。
▼以前の小欄で、あくまでも比喩だが、古代神話の火の神カグツチを書いたことがある。燃えながら生まれたカグツチのため、母神であるイザナミは大火傷を負って死ぬ。妻を殺されて怒ったイザナギは、十束剣(とつかのつるぎ)でカグツチを殺してしまう。
▼中共ウイルスの始まりについては、この歴史が一段落ついた後に、全て明らかになるだろう。個々の人間の生死には、それぞれ前世からの因縁があるので、その理由を一概には言えない。ただ、これまでの歴史上に何度か見られた広範囲の疫病は、人類に対する神の厳しい意志によってもたらされたものである。神への純粋な信仰が廃り、人間の道徳が大きく退廃した時代に、それらを淘汰するため恐ろしい病禍がもたらされた。
▼しかし今回、つまり21世紀初めの「中共ウイルス」は、それら人類が過去に経験した疫病とは全く異なるのだ。中国共産党とそれに連なる全てを淘汰する。それが神に定められた中共ウイルスの歴史的な役目である。生き残れる人類が、はたして多いか、少ないかは、今の段階では分からない。
▼小欄が前稿で申し上げた「手立て」の真意はそこにある。ご理解いただけることを衷心より願う。

関連記事
世界的なコンテナ不足などでコンテナ運賃が高止まりし、各国の輸送コストを押し上げている。特に中国—米国間の上昇が顕著である。8月以降、中国から米国へのコンテナ運賃は中共ウイルス(新型コロナ)発生前の10倍に急騰し、過去最高を記録した。
豪州のジャーナリスト、シャリ・マークソン(Sharri Markson)氏が1年間かけて中共ウイルス(新型ウイルス)感染症の起源を追ったドキュメンタリー『武漢で一体何が起こったか?』が先日公開された。
スペインの小さな島の火山が最近噴火し、島の何百もの家が破壊されましたが、1軒だけ無傷の家がありました。 この家は、「奇跡の家」と呼ばれ、注目を集めています。
米ネブラスカ州のダグ・ピーターソン司法長官は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の治療薬としてのヒドロキシクロロキンやイベルメクチンを条件付きで認める方針を示した。長官は14日、これらの薬剤を適応外処方する医師に対し、イ
中国各地で電力不足が深刻化する中、東北地方の市民がロウソクを買いだめする現象がすでに起きている。
防衛省は23日、中国とロシアの海軍駆逐艦など計10隻が、鹿児島県・佐多岬と種子島間の大隅海峡を22日に通り、東シナ海に向かったと発表した。中露艦艇が同海峡を通過するのは初とのこと。前例のない行動が立て続けに起こるなか、専
京都大学は28日、大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)元教授の熊本地震に関する単著論文について、複数の捏造や改ざんがあったと発表した。京大は同日、林氏に対して懲戒解雇相当とする処分を行った。
中国広東省などの地方政府は電力不足の対策として、電力使用制限や生産工場の一時操業停止などの措置を講じている。
米軍は、東京から南に2500キロ離れた米領グアムに防空迎撃システム「アイアンドーム」を配備する。7日、ハワイ本拠地の第94軍航空・ミサイル防衛司令部(AAMDC)が発表した。インド太平洋地域で影響力を膨張させる中国共産党