【紀元曙光】2020年11月26日

故・手塚治虫氏には、師を慕う多くの「弟子」がいた。
▼内弟子という意味ではない。マンガの神様と呼ばれた手塚氏を崇敬するあまり、自身も漫画家になった人々のことである。小欄の筆者は、特にマンガ少年というほどでもなかったし、もとより現代アニメにも詳しくないので、昨今の鬼滅ナントカはさっぱり分からないが、少年時代の一時期に手塚マンガの秀作に触れていて良かったと思う。
▼人間の尊厳を学ぶ「教材」であった。『ブラックジャック』の主人公が子どもの頃、不発弾の爆発で顔面に重傷を負う。医師は、救命手術のため健康な子どもの皮膚が欲しかった。ただ一人「僕のを使っていいよ」と名乗り出てくれた混血児タカシの皮膚を移植して、九死に一生を得る。色の異なる自分の顔を、タカシがくれた「友情」と思い、その信義を守って再度の手術を拒む主人公であった。
▼先日、11月20日に亡くなった矢口高雄さんも手塚マンガに心酔し、秋田での銀行勤めを辞めて同じ道に入った「弟子」であった。『釣りキチ三平』を代表とする釣り漫画が有名だが、日本の山や川の風景を、ペン先で緻密かつリアルに描き出す技術は圧巻であった。小欄の筆者も、矢口さんの描く自然美に、魅了された思い出がある。
▼手塚マンガのヒューマニズム。矢口マンガの大自然の美しさ。そういった要素を突き詰めていくと、自ずと「神」の域に近くなる。
▼金持ちから法外な治療代を取る無免許医のブラックジャックだが、彼がもし、臓器狩りで金儲けする悪魔の医者を見つけたら、その眉間に必殺のメスを投げつけるだろう。

関連記事
世界的なコンテナ不足などでコンテナ運賃が高止まりし、各国の輸送コストを押し上げている。特に中国—米国間の上昇が顕著である。8月以降、中国から米国へのコンテナ運賃は中共ウイルス(新型コロナ)発生前の10倍に急騰し、過去最高を記録した。
豪州のジャーナリスト、シャリ・マークソン(Sharri Markson)氏が1年間かけて中共ウイルス(新型ウイルス)感染症の起源を追ったドキュメンタリー『武漢で一体何が起こったか?』が先日公開された。
スペインの小さな島の火山が最近噴火し、島の何百もの家が破壊されましたが、1軒だけ無傷の家がありました。 この家は、「奇跡の家」と呼ばれ、注目を集めています。
米ネブラスカ州のダグ・ピーターソン司法長官は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の治療薬としてのヒドロキシクロロキンやイベルメクチンを条件付きで認める方針を示した。長官は14日、これらの薬剤を適応外処方する医師に対し、イ
中国各地で電力不足が深刻化する中、東北地方の市民がロウソクを買いだめする現象がすでに起きている。
防衛省は23日、中国とロシアの海軍駆逐艦など計10隻が、鹿児島県・佐多岬と種子島間の大隅海峡を22日に通り、東シナ海に向かったと発表した。中露艦艇が同海峡を通過するのは初とのこと。前例のない行動が立て続けに起こるなか、専
京都大学は28日、大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)元教授の熊本地震に関する単著論文について、複数の捏造や改ざんがあったと発表した。京大は同日、林氏に対して懲戒解雇相当とする処分を行った。
中国広東省などの地方政府は電力不足の対策として、電力使用制限や生産工場の一時操業停止などの措置を講じている。
米軍は、東京から南に2500キロ離れた米領グアムに防空迎撃システム「アイアンドーム」を配備する。7日、ハワイ本拠地の第94軍航空・ミサイル防衛司令部(AAMDC)が発表した。インド太平洋地域で影響力を膨張させる中国共産党