大紀元時報

史上初の試み 米海軍がドローンによる空中給油を実施

2021年6月19日 20時17分
2021年6月4日、米海軍のMQ-25無人給油機がF/A-18戦闘攻撃機に給油する様子。(U.S. Navy photo courtesy of Boeing)
2021年6月4日、米海軍のMQ-25無人給油機がF/A-18戦闘攻撃機に給油する様子。(U.S. Navy photo courtesy of Boeing)

米海軍は6月7日、史上初の無人航空機による戦闘機への空中給油を開始したと発表し、同部は「航空史に残る出来事」と表現した。

米海軍は、6月4日、イリノイ州のミッドアメリカ・セントルイス空港を離陸したMQ-25無人給油機(T1)の試作機とF-18戦闘攻撃機が、無人機と有人機による初の空中給油ミッションに成功したとニュースリリースで発表しました。 無人機と有人機の空中給油ミッションは史上初の試みでした。

テストでは、F-18戦闘攻撃機がMQ-25無人燃料補給機に約20フィート(6メートル)の距離で接近。 無人給油機「MQ-25」が燃料ラインを伸ばした後、戦闘攻撃F-18が燃料ラインの先端のテーパーモップに接続して給油を開始。
米海軍はツイッターで、無人機MQ-25給油ドローンの離陸から任務完了、そして安全な着陸までの映像を公開しました。 MQ-25は、他の航空機に燃料を補給した最初のドローンであり、「航空の歴史」を作ったとツイートされています。

MQ-25を製造しているボーイング社は、今年後半に入港中の空母でMQ-25のテストを行うと発表しました。
ボーイング社のMQ-25プログラム・ディレクターであるデイブ・ブジョルド氏は、6月7日の記者会見で、MQ-25無人燃料補給機は、約4.5時間のテスト飛行中に、搭載した500ポンド(227kg)の燃料のうち325ポンド(147kg)をF-18戦闘攻撃機に供給したと述べました。

アメリカ海軍のUnmanned Carrier Aviationプログラムマネージャーであるチャド・リード氏は、MQ-25は、空母が無人航空機の艦隊を持つ未来への第一歩だと述べています。

リード氏は「このMQ-25が今日、F-18戦闘攻撃機への給油という主要な任務を完了したことは、海軍にとって重要かつエキサイティングな瞬間であり、MQ-25の艦隊への搭載実現に向けた具体的な進展を示しています」と述べました。米海軍は、2025年までにMQ-25の初期戦闘能力を発表するでしょう。

(翻訳 井田)

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^