カリフォルニアのある作家が、何年も前に自分に起きた臨死体験を語りました。 この時、彼の魂は肉体を離れ、天上で霊と出会い、人間の世界に戻るかどうかを選択する機会を与えられました。 画像はイメージ写真 (daboost / PIXTA)

あなたの選択は? 霊に生きるか死ぬか尋ねられた男

カリフォルニアのある作家が、何年も前に自分に起きた臨死体験を語りました。 この時、彼のは肉体を離れ、天上でと出会い、人間の世界に戻るかどうかを選択する機会を与えられました。 

この男性であるキース・トンプソンさんは、ラジオトーク番組「Coast to Coast AM」のインタビューで、20代の頃、ハワイで泳いでいた時に急流に流されて、「溺れた」と語っていました。 

この時、が体から離脱し、水の中でもがく自分の姿を見て、彼は死期を悟りました。 その瞬間、彼は静かで穏やかな気分になり、そして、天国のような場所に入ったように感じました。 

そして彼は、自分の人生にずっと寄り添ってくれていたとの深い交流を感じたと主張しました。 

は 「あなたの選択は?」と尋ねました。 

トンプソンさんは、言葉にならないほど美しいこの場所に留まるか、地球に戻り、地上での生活を続けるかの選択ができることを知っていました。 

彼は、この地で得た安らぎを地球に持ち帰りたいと思い、戻ることを選ぶと、彼と交流したは「わかった」と答えました。 

次の瞬間、彼は岩のそばに横たわっていた元の体に戻り、彼の仲間が周りを取り囲んでいました。 

との交流に加えて、トンプソンさんはこの臨死体験で、通常、人々が臨死体験の際に見えるものを経験したとも述べました。 

例えるなら、自分の人生がパノラマのように素早く提示されているのを見たり、すべてが比例していると感じたり、光やトンネルを見たりするようなことです。 

「言葉では言い表せない光で構成された生命を見ました。 私は祖父母や乳母が見えて、彼らと交流しました」と言いました。 

トンプソンさんはこの時のことを振り返っても、戻ってくるという選択を後悔していません。 「あの場所にいればよかった」と思った瞬間は1度もなかったそうです。 



(訳・神谷一真)