オリーブオイルにまつわる神話(1)

オリーブオイルは神様からの賜り物

コメント

ギリシャ神話には、オリーブの起源について伝説があります。昔、ギリシャの創設者は神々に人々へ贈り物をするようにお願いしました。そしてもっともよい贈り物をした神が美しく繁栄した都市国家の守護聖神になることができました。

最初に現れたのは海の神ポセイドンでした。ポセイドンは三叉戟を使って硬い地面を激しく叩きました。すると一瞬で噴水が噴き出し、皆を驚かせました。しかし噴水は塩辛く、あまり実用的ではありませんでした。

すると、女神アテナが静かに登場しました。彼女は静かに地面にしゃがみ、種を蒔き、オリーブの木を育てました。オリーブの木の実は、豊かで栄養価値の高いオリーブオイルに圧搾することができます。結局、神々はアテナが勝つことに同意しました。そのため、この都市は将来、ギリシャの首都となったアテネと呼ばれる都市になりました。

女神アテナはギリシャ人にオリーブの木をもたらし、ギリシャの守護聖人になりました(Shutterstock)

 

オリーブの起源は普通ではなく、すべてが宝物
 

オリーブの木は、食品、スキンケア製品、医薬品だけでなく、建築材料としても宝物です(Shutterstock)

何千年もの間、オリーブは常に繁栄と平和の象徴であり、人々の心の中で尊敬されてきました。オリーブは食品だけでなく、スキンケア製品、ハーブ、さらにその木は建築材料にも利用でき、オリーブオイルは神聖な宗教儀式で使用される油です。

古代ギリシャ人は、オリーブの木はアテネの守護者であるアテナによって世界にもたらされ、神々によって人類に授けられた平和と幸福の象徴であると信じていたため、古代ギリシャのオリンピックの聖火はオリーブオイルで照らされました。

そして勝者はオリーブの枝で織られたオリーブ製の王冠を身に着けて、それは最高の栄光と見なされました。決勝で勝った勝者の賞はアンフォラであり、最高のオリーブオイルを贈られます。

(翻訳・郡山雨来)