オリーブの五つの利点 グリーンオリーブとブラックオリーブの違いは何?

オリーブは身体に有益な脂肪が豊富であるだけでなく、心臓の健康と代謝に良い抗酸化物質、抗炎症性の植物栄養素も含んでいます。人間は、6千〜8千年前からオリーブを食しており、医薬品、スキンケア用としても利用してきました。
2022/03/09

毎日オリーブオイルを摂取することで心血管死亡のリスクが低減

28年にわたる研究で、オリーブオイルを毎日摂取している人は、ほとんど摂取していない人や全く摂取していない人に比べて、心血管疾患、呼吸器疾患、ガンによる死亡リスクが有意に低く、長生きであることがわかりました。
2022/03/07

オリーブオイルを選ぶヒント おすすめレシピは?

良いオリーブオイルを選ぶには何に注意すればよいでしょうか?「エクストラバージン」または「バージン」という言葉が記載されているかどうかの他にも、重要なポイントもあります。
2022/03/04

「減量したいなら脂肪を摂る」その逆説的真理とは何か?

体脂肪を減らすために欠かせない栄養素とは、何だろう?意外に思われるかもしれませんが、食物のなかに含まれる「脂肪」。つまり「良質の脂肪を食事から摂取すること」が、ダイエットや減量はもちろん、健康維持には不可欠なものといえる
2022/03/04

オリーブオイルの素晴らしい健康効果

最新の科学的研究ではオリーブが身体に良いことが確認されています。オリーブオイルは、血中の総コレステロール値や悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を上げるなど、健康的な脂肪といえます。
2022/02/25

オリーブオイルは神様からの賜り物

ギリシャ神話には、オリーブの起源について伝説があります。昔、ギリシャの創設者は神々に人々へ贈り物をするようにお願いしました。そして勝利者は美しく繁栄した都市国家の守護聖人になることができました。
2022/02/21

ジャガイモは低カロリーで栄養豊富「ダイエットにも最適です」

「ジャガイモは高カロリー食品で、肥満に直結する」と思われがちですが、これは大きな誤解です。ジャガイモは、カロリーが比較的低くて栄養豊富な、ダイエットにも役立つ優良食品なのです。
2021/12/07

慢性疾患の予防にオススメ「病気にならないスーパーフード」

ハーバード大学は、「がん、心臓病、糖尿病」のリスクを減らし、その他の慢性疾患の予防に役立つ重要な栄養素を含む10種類の「スーパーフード」を薦めています。 日常生活でよく食べられるスーパーフードは、以下の通りです。
2021/11/08

「デンプン食を、どう食べる?」記憶力低下を招かないために

ご飯、つまり白米がいけないということではありません。 体を多く使う仕事を引退した後も、食事の量を全く減らさなかったことが原因のようです。 確かに、これは認知症の前兆と見てもよい事例だったので、張医師は、食事の量と内容を
2021/10/08

在日イタリア商工会議主催 世界的に権威のある国際オリーブオイルコンテスト 「Japan Olive Oil Prize 2021」プレスイベント開催

在日イタリア商工会議所(東京都港区三田 4-1-27FBR 三田ビル9階事務局長 ダヴィデ・ファントー 二)は、世界的に権威のある国際オリーブオイルコンテスト「Japan Olive Oil Prize 2021」プレスイベント開催した。在日イタリア商工会議所は、世界中の選りすぐりの最高峰のエキストラバージンオリ ーブオイルを国内外にプロモートしている国際コンテスト「Japan Olive Oil Prize 2021(ジャパン・オリーブオイル・プライズ)を開催いたしました。
2021/06/18

末期ガンから12年「ますます元気」 台北医大教授が語る人生再建

2008年4月に肝臓ガンが発見されて以来、複数回にわたって再発を繰り返しながらも、自身のガンを克服したのは台北医学大学公衆衛生学部の教授・韓柏檉氏。当初は余命3カ月と宣告された同氏でしたが、現在は完全に健康を取り戻し、人生の喜びを味わいながら自身の体験と、それを支えたポジティブ思考の大切さを世に伝えています。(以下、韓氏自身の語り調で、稿を進めさせていただきます)
2021/06/04

お腹がペッタンコになる10の美味しい食べ方

毎日、デスクワークが多い上、運動する時間もなくて、ウェストとお腹がブヨブヨと太ってしまった人はいませんか? イギリス・ロンドンの栄養士リリー・ソウター(Lily Soutter)さんが、飲食をちょっと見なおせば贅肉とサヨナラすることができると、健康に良い10の食べ方を紹介しています。下っ腹がちょっと気になり始めたら、試してみませんか?
2016/09/30

血管年齢が若返る5つの食材

 血管年齢は、自分の健康状態を知る上で重要な指標。ストレスや食生活の乱れなどが原因で、血管年齢が実年齢より高くなっている人が増えています。血管の弾力が低下し、血管壁が狭くなると、動脈硬化を引き起こしやすくなります。すると、身体の老化が加速したり、心筋梗塞や脳卒中などの重大な疾患を招く危険性が高くなります。
2016/06/06