米下院議員、困難な今こそ「神韻を観にきてほしい」

コメント

神韻を観た多くの人々は気持ちが励まされ希望や思いやりを感じたとコメントする。米コロラド州選出のケン・バック下院議員もこの喜びを体験した観客の一人だ。1月22日の神韻公演でモンフォート・コンサートホールを訪れた同議員は、困難の最中にいる今こそ見るべき舞台だと神韻を勧めた。

「私たちは今パンデミックだけでなく、他にも国内外で深刻な問題を抱えています。気が滅入ってしまい、誰もがポジティブなものを本当に求めていると思います。神韻の演目が織りなす真、善、忍という価値観や、その他のポジティブなメッセージに観客は気持ちを高められました。すべてが一体となり、本当に美しかったです」と語った。

ニューヨークを拠点とする神韻は、中国古典舞踊と専属オーケストラの演奏で、中国5000年の伝統文化を舞台に表現している。鮮やかな衣装、優雅な振り付け、創造性豊かなストーリーで世界中に知られる。中国共産党によって損なわれた伝統文化を復興させることを使命として芸術団は掲げている。

「地球上で何が重要なのかというような前向きなメッセージが込められていました」「皆さんにこの公演を観て地域の友人に伝えてほしい。観た人が10人に伝えられるといいですね」と述べた。

神韻が表現した中国文化について同議員は、「本当に心温まるものでした。音楽も美しいのですが、特に中国文化を観客が受け入れた瞬間はまさに特別なものでした」と称賛した。

神木修一