楽しい屋外バーベキュー 気になる虫を撃退するには

コメント

屋外で肉を焼くとき、ハエスズメバチなどの虫が飛んでいると、虫が人を刺したり、食材にたかって菌を媒介するのではないかと不安になりますよね。では、この招かれざる客を追い出す方法はあるのでしょうか?

イギリスのオンライン園芸センター(Gardening Express)の広報担当者は、「友人や家族とバーベキューをしているときに虫が飛んでくるほど嫌なことはない」とデイリー・メールに語っています。

虫は本当に厄介ですが、安価に駆除する方法があり、そのほとんどは家にあるものを使うだけだと広報担当者は述べました。

 

焼肉のにおいは、迷惑な虫を呼び寄せる可能性があります。(Shutterstock)

 

肉を焼くとき虫除けはどうする?

専門家によると、厄介なコバエを駆除する方法として、費用対効果が高く、人気があるのは、光の反射を利用することだそうです。

グラスに水を張り、コインを3枚ずつ入れて、グリルの近くに置くだけです。これで、ハエがあなたやあなたの食べ物に近づかないはずです。

レモンやニンニクなど、特定の食べ物の味に耐えられない虫もいるので、レモンをスライスしてニンニクを半片ずつ乗せ、外に置いておくことを提案しています。そうすれば、安心して食事を楽しむことができるはずです。
 

レモンとニンニクは特定の虫を追い払います。(Shutterstock)

 

特にスズメバチが来て困る場合は、専門家のアドバイスによると、茶色の紙袋にゴミを入れてスズメバチの巣に見立てて、スズメバチが近づかないようにすることもできるそうです。

これは、スズメバチは他のスズメバチの巣に近づかない傾向があり、茶色の紙袋は、あなたの家に巣があると誤解させるためです。

また、虫除けのために多少お金をかけてもいいのであれば、虫除けの植物を買ってきて植えると、同時に庭を美しくすることも可能です。

 

ラベンダーには虫除け効果があります。(Shutterstock)

 

ラベンダー、菊、セージ、ローズマリーなどの植物は虫が嫌うので、植えたり、バーベキュー場の近くに置くとよいでしょう。

人を刺すヒトスジシマカについては、飛び回らせておけば全身を刺されます。蚊は焦げた臭いを嫌うので、空のパルプ製卵パックを安全な場所で燃やすと効果的です。

(翻訳・金水静)

陳俊村