走行中にタイヤがパンク!対処法を伝授します

コメント

車を運転している時、もしもタイヤが突然パンクしてしまったらどうしようと不安になったことはありませんか? 特に高速道路などでは急に止まったりすると非常に危険なので、なおさら不安になりますよね。運転中にタイヤがパンクしてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

車のタイヤがパンクすると、通常は音と感覚でパンクしたことがわかります。突然のことで焦ってパニックになるかもしれませんが、まずは落ち着いて安全を確認してから、車を降りて対処するようにしましょう。

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)によると、パンクとは、タイヤが損傷し中に入れた空気が抜け、タイヤの空気圧が急激に低下し、車がコントロールを失うことを指します。普段しっかりとメンテナンスを行い、タイヤの空気圧を正常に保つことで、多くの場合はパンクを防ぐことができますが、時に予想外のことが起こることもあるものです。

同局によると、パンクすると車の速度が落ち、ハンドルが左右にぶれることがあるそうです。 この時にブレーキをかけると、車が制御不能になり、横転してしまう恐れがあると言います。

パンクしたタイヤ (Shutterstock) 

 「ライフハッカー」(Lifehacker)に掲載されている情報によると、車のタイヤがパンクした際には以下のように対処するのがよいとされています。

①ハンドルをしっかり握る。 
②少し加速して、できるだけまっすぐ同じ車線を走るようにする。
③ゆっくりとアクセルを緩め、車の速度を落とす。 
④ハザードランプを点灯させ、後続車に知らせる。
⑤慎重に車線変更し、車を路肩に寄せる。この時、周囲の交通状況に十分注意する。 

周囲の交通に支障をきたさないよう路肩に安全に停車できたら、タイヤの状態を確認し、自分でタイヤを交換するか、整備士を呼んで交換してもらうか判断しましょう。

では、なぜタイヤが破裂するのでしょうか? 米国の「タイヤラック(Tire Rack USA)」ウェブサイトでは、パンクの原因を次のように述べています。

・車両の過積載。
・衝突による損傷(衝突の程度により、すぐに発生する場合と後に発生する場合がある)。 
・タイヤに穴が空き、中の空気が急速に失われたため。 
・タイヤに小さな穴が生じ、長い間気付かないまま、中の空気が徐々に漏れ出たことが原因。

(翻訳:里見雨禾)

陳俊村