世界の10億人以上の若者に難聴のリスク=研究

コメント

最近発表された既存の研究結果をもとに作成した大型分析報告書によると、世界中の10億人以上の若者が、音楽を聴くために日常的にヘッドホンを使用し、大音量の娯楽施設に出入りして、聴力損傷の取り返しのつかないリスクを負っている可能性があるとのことです。

世界保健機関(WHO)が主導したこの研究では、英語、スペイン語、フランス語、ロシア語で20年以上にわたって発表された33の研究データを調査し、12~34歳までの約2万人の被験者を対象としています。 分析の結果、24%の若者がスマートフォンなどの機器に接続したヘッドセットを使用する際に悪い習慣があり、48%の被験者がコンサートやナイトクラブなどの安全でない騒がしい環境で多くの時間を過ごしていることがわかりました。

関連する調査を合わせると、聴覚障害のリスクがある若者の数は、世界で6億7000万~13億5000万人と推定されるとのことです。

米国疾病管理予防センター(CDC)は、週40時間労働の場合の安全な騒音レベルを約85デシベルに設定しています。

しかし、この研究では、音(音声でも音楽でも)に触れる音量が大きいほど、聴取時間が短くなることが指摘されています。 例えば、携帯電話で92デシベルの音楽を聴く場合、1週間に2.5時間しかヘッドホンを使用できません。スマートフォンでダウンロードしたMP3ファイルを聴く人は通常105デシベル、バーやクラブ、コンサートなどの娯楽施設は通常104~112デシベルの騒音レベルが選択されます。

この研究の主執筆者で、WHOのコンサルタント、サウスカロライナ医科大学の博士後期課程研究員であるローレン・ディラード(Lauren Dillard)氏は、CNNに対し、過度の騒音レベルにさらされると耳の有毛細胞や構造が疲労し、これが長く続くとこれらの神経細胞が永久的に損傷して聴力損傷、耳鳴り、またはその両方につながる可能性があると述べています。

ディラード氏は、ヘッドホンによる聴覚障害のリスクを減らす最善の方法は、音量を下げ、装着時間を短くすることだと言いますが、「残念ながら、誰もが本当に大音量の音楽を聴くのが好きなのです」と認めています。

同氏はまた、ヘッドホンユーザーは、端末の設定やモバイルアプリで音量レベルをコントロールし、コンサートやナイトクラブなどの大音量の会場では耳栓をして、音量を最小限に抑えることを提案し、「スピーカーの前に座るのは楽しいかもしれませんが、長期的な健康にはよくありません」と述べています。

南アフリカ・プレトリア大学の聴覚学教授で、医学雑誌「International Journal of Audiology」の編集長であるDe Wet Swanepoel氏は、今回の分析は厳密で、難聴が公衆衛生の優先事項であるべきだという説得力のある証拠があると述べました。

「音楽は一生涯楽しめる贈り物です。しかし、問題は安全に楽しむことです」と、研究に参加していないSwanepoel氏は付け加えました。

WHOは、若い世代に聴覚に関する習慣を意識してもらい、各国の政府やメーカーは次世代の聴覚を保護するためにさらなる対策をするよう呼びかけています。

この研究成果は、2022年11月15日(火)に英国の医学雑誌「BMJ Global Health」に掲載されました。