ノイズキャンセリング無線イヤホン:長時間使用が聴力に及ぼす影響は?(下)

(前回の続き)

ロンドン在住のライアン・エドワーズさん(45歳)は、ノイズキャンセリング機能が強化されたAirPod Prosに以前のAirPodsから変更した後、耳鳴りが悪化したと大紀元に語りました。

エドワーズさんの耳鳴りは以前は穏やかな「シュー」という音でしたが、新しいイヤホンに変えてから、より大きく警報のような音がするようになり、睡眠や日中の集中力にも影響を与えました。

様々な可能性を排除した結果、彼は新型のノイズキャンセリングイヤホンに対する疑いを確信しました。「使用を直ちにやめました」

使用期間はわずか2週間でしたが、耳鳴りが元の状態に戻るのには約1か月かかりました。彼はこの経験を耳鳴り患者向けのオンラインフォーラム「Tinnitus Talk」で共有しました。

「自然な外の音を遮るものは、耳鳴りが大きく感じられる原因になることがあります」とSound Relief Hearing Centerの創業者であり、聴覚専門家のジュリー・プルツマン氏(Julie Prutsman)は指摘しています。

しかし、耳鳴りを持つ人の中には、ノイズキャンセリングイヤホンは耳鳴りを誘発させないという人もいます。「そうした人々にとって、ノイズキャンセリングイヤホンは不快な音を減らし、快適な聴覚を提供する手段となり得ます」と、聴覚専門家は付け加えました。

耳鳴り患者が運営する非営利患者団体「Tinnitus Hub」のディレクターであるヘーゼル・グードハート氏は、聴力をさらに損なう可能性のある周囲の音を遮断するために、日常生活でノイズキャンセリングイヤホンを使用していると大紀元に語りました。
 

ワイヤレスイヤホン

AirPodsを含むワイヤレスイヤホンは、連邦通信委員会(FCC)の設定する1キログラムあたり1.6ワットの制限よりもはるかに低いレベルの放射線を放出します。

ワイヤレスに関する現行のガイドラインは1996年に設けられ、携帯電話からの放射が皮膚を加熱しないようにするためのものでした。

しかし、30年が経過し、放射を発するワイヤレス製品が増え続ける中、スマートフォン、Bluetooth製品、Wi-Fiモデムからの放射が以前考えられていたよりも害があるのではないかと懸念する研究者も出てきています。

携帯電話は非電離放射線を発するため、DNAを傷つけたり細胞を不安定にする電離放射線(X線など)とは異なり、害はないとされています。これは事実ですが、非電離放射線は細胞内で酸化作用を起こし、結果として炎症や細胞ダメージを引き起こす可能性があります。

細胞を使った研究では、米国連邦通信委員会 (FCC)が定める強度よりもはるかに低い非電離放射線でも、DNAや細胞の機能に影響を与えることが明らかになりました。新生児のラットにWi-Fi信号を当てたトルコの研究では、特定の周波数の電磁場が耳の細胞の死を引き起こしたと報告しています。

Bluetoothの信号はWi-Fiよりも弱く、周波数は似ていますが、Bluetoothが耳や細胞に悪影響を及ぼす直接的な証拠は今のところありません。

Bluetoothが耳に与える可能性のある影響について調べた唯一の研究は、12人の患者を対象にしたランダム化比較試験でした。研究者はBluetoothの使用が参加者の耳の神経には影響しなかった一方で、携帯電話の使用は影響を与えたと結論づけました。

ワイヤレス製品からの放射線に対して特に敏感な人もいます。これは電磁過敏症と呼ばれ、この状態の人は放射線にさらされると疲れやすくなったり、眠れなくなったり、耳鳴りや頭痛を感じることがあります。
 

FCCガイドラインが設けられてから30年が経ち、放射能を放出するワイヤレス製品が一般的になりつつある(satoshinpi / PIXTA)

 

プルツマン氏は、Bluetoothイヤホンが一部の耳鳴り患者に影響を与えることがあると述べています。また、有線イヤホンに変えると耳鳴りが軽減されるという報告もあります。

彼女は、耳鳴りは人の中枢神経系をより敏感にすると説明しました。

「全ての人がこの症状を訴えるわけではありません。人によって、神経系の構造やトリガーに対する感受性が異なるからです」と彼女は言っています。
 

治療と予防

聴覚障害を防ぐために、聴覚専門医は、フードミキサーや混雑した都市の交通音程度の85デシベルを上限とするイヤホンの使用を推奨しています。

一方、サバ博士は、音量が低くても、2時間ごとにイヤホンを外す習慣をつけることを推奨しています。聴覚障害や耳鳴りがある人でも、使用量を制限すればイヤホンを使うことが可能です。

セイドマン医師は、耳感染症を心配する人は耳にかけるタイプのヘッドセットを推奨しています。イヤホンは耳の奥深くに入るため、耳道内の圧力が増し、聴覚損失や頭痛を悪化させる可能性があります。

可能ならば、スピーカーを使用することが望ましいです。千人の学生を対象にした、インドの研究では、イヤホンを常用する学生と比較して、スピーカーを使用する学生は聴覚損失に悩まされていないことが明らかになりました。

耳鳴りは治療不可能ですが、症状を管理するための多くの治療法があります。

プルツマン氏のクリニックでは、耳鳴り再訓練療法を行っており、聴覚損傷によって失われた音を再生する音響療法用イヤホンを患者に装着させます。これは脳の過剰な活動を抑えるのに役立ちます。

「脳に足りない入力を補うことで、過剰な活動をすぐに抑えることができます」と彼女は述べています。患者には、海の音や楽器の音など、落ち着く音と共に特定の音程を再生します。治療期間は6か月から12か月です。

最終的には、治療から離れることができます。

「しかし、耳鳴りが完全に消えるわけではありません。私たちはその知覚を遮断することができるだけです」と彼女は付け加えています。

耳鳴り患者にとって、トリガーを見つけることが重要です。カフェイン、睡眠不足、ストレス、感染症、大きな音など、神経系に負担をかける要因によって耳鳴りは引き起こされます。これらは個人差が大きいのです。聴覚専門家は、玉ねぎの匂いが耳鳴りを引き起こした例もあったと話しています。

健康的な生活習慣と食事を心がけることが一般的に効果的です。セイドマン医師は、カフェイン、砂糖、アルコールの摂取を控えることで耳鳴りが軽減するかどうかを観察しています。

彼の患者の中には、「信じられないかもしれないが、コーヒーを半分に減らしたら、耳鳴りが大幅に軽減した」と報告した人もいます。

補聴器は聴覚損失を補えますが、注射用ステロイドや血管拡張剤は、突然の耳鳴りや聴覚損失の場合に聴覚を回復させるのに役立ちます。

イヤホンは聴覚障害を引き起こす可能性がある一方で、良い面もあります。それは、イヤホンが聴覚を助けることもできるということです。カスタマイズ可能なオプションを備えた高品質なAirPod Proを使えば、予算に優しい補聴器として活用することもできることに気づいたユーザーもいます。

血液循環を改善するイチョウの葉エキスは、適切な量を摂取すれば、耳鳴りの患者にも効果があるかもしれないと、セイドマン博士は述べました。

1990 年代、ドイツの漢方薬委員会の報告書では、精製されたイチョウの葉エキスが耳鳴りの症状を軽減する効果があることが分かりました。研究者たちは、1 日 240 ミリグラムの摂取が効果的であると特定しました。しかし、後の研究で、1日3回50ミリグラムや1日1回120ミリグラムを試したところ、顕著な改善は認められませんでした。このため、多くの臨床医はイチョウの葉エキスの効果に懐疑的です。

エドワーズさんは今もシンプルな、ノイズキャンセリング機能のないAirPodsを使い続けており、以前の問題は再発していません。彼は夜間に静かなノイズとビープ音を交互に流すことで、耳鳴りをコントロールしています。

彼が耳鳴りに悩まされてから今年で14年目になります。彼のように、多くの人は自分に合う治療法を見つけるまで、さまざまな療法や治療を試してきました。

「これらの支えがあれば、耳鳴りを和らげることができます」と彼は言います。「夜の音響療法は本当に救いになっています」

アップル社は大紀元のコメント依頼には応じていません。

(完)

ニューヨークを拠点とするエポックタイムズ記者。主に新型コロナウイルス感染症や医療・健康に関する記事を担当している。メルボルン大学で生物医学の学士号を取得。