印刷版   

外為市場で円が小幅下落、北朝鮮の核実験声明報道で

 夕方の東京外国為替市場で、小幅ながら円が売られた。市場筋によると、北朝鮮の外務省が核実験を今後行うと表明したとの報道がきっかけとなった。

 しかし「核実験を継続する意向は以前から示しており、実際に実験が行われた訳でもないようなので、現在のところ影響は限られたものにとどまっている」(都銀の外為ディーラー)という。

 外為市場では北朝鮮の声明発表を受けて、ドル/円が117.60円付近へ10銭程度、ユーロ/円が149.90円付近へ20銭程度、円売りが進んだ。

[東京 3日 ロイター]

 (06/10/04 07:45)  





■関連文章
  • 東京外為市場・1日=ドル117円前半、米雇用統計前にポジション調整(06/09/01)
  • ユーロ/円、ユーロ導入以来の最高値を更新=東京外為市場(06/08/10)
  • 東京外為市場の一日平均取引高2277億ドル、英米に次ぐ(06/07/19)