ロシア、中国への電力供給プロジェクトで週内にも調印の見通し=通信社

2006/11/08 07:00
 ロシアは週内にも、中国との間で、2008年に大規模な電力供給を開始することを目的とした電力プロジェクトをめぐり合意に達する見通し。インタファクス通信が7日伝えた。

 ロシアのフラトコフ首相が今週北京を訪れる際に調印する見通しで、プロジェクトにはロシアの電力独占企業であるロシア統一電力システム(RAO UES)と、中国の国家電網公司が関わるとみられるという。

 UESは初期段階で中国に36億―43億キロワット時の電力を販売し、後に供給量を年600億キロワット時に引き上げる見込み。

 インタファクスはまた、ロシア国営石油会社ロスネフチ(ROSN.MM: 株価, 企業情報, レポート)と中国石油化工(シノペック)(600028.SS: 株価, 企業情報, レポート)(0386.HK: 株価, 企業情報, レポート)(SNP.N: 株価, 企業情報, レポート)も、戦略的事業提携の枠組みで調印する見通しだと報じたが、詳細は明らかにしていない。

[モスクワ 7日 ロイター]
注目記事
^